指輪の仲間

指輪の仲間(ゆびわのなかま、Fellowship of the Ring)とは、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』に登場する、一つの指輪オロドルインの滅びの罅裂へと捨てる使命を帯びたホビットフロド・バギンズと、その仲間として裂け谷エルロンドによって選ばれた8人の総称である。

『指輪物語』の第一部の表題、『旅の仲間(The Fellowship of the Ring)』と英語においては同じ名称であるが、邦訳の作中では指輪の仲間と訳されている。また作中では多くの場合「Company of the Ring」と記されているが、邦訳は同じく「指輪の仲間」である。

別称として、「九人の徒歩の者(Nine Walkers)」、「指輪隊(Ring's Company)」などがある。

仲間たち

第三紀の3018年10月25日。裂け谷において「エルロンドの会議」がひらかれた。各地に住む自由の民の代表たちの前で、一つの指輪の来歴が明らかにされ、今後の処遇が検討された。一つの指輪をモルドール火の山へと運び破壊するべし、とエルロンドは告げ、指輪の運び手としてホビットビルボフロドが名乗りを上げた。エルロンドはフロドを運び手に選び、さらにフロドの供のものとしてサムの同行を許した。 12月18日。エルロンドはフロドとともに徒歩で旅立つ「指輪隊」の総数を、ナズグールが9人であることから9人と定めた。フロドとサムに加えてガンダルフと、エルフの代表としてレゴラスドワーフの代表としてギムリ人間の代表としてアラゴルンを選んだ。さらにミナス・ティリスへ帰るために同じ道を行くボロミアも選ばれた。エルロンドは、指輪隊の残りの2人について裂け谷の家中から選ぶことも考えていたが、フロドの友人たち、メリーピピンの立候補があり、ガンダルフの推薦もあってそれを受け入れた。かくして9人が決定し、12月25日に裂け谷を出発した。