指輪の仲間

指輪の仲間(ゆびわのなかま、Fellowship of the Ring)とは、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』に登場する、一つの指輪オロドルインの滅びの罅裂へと捨てる使命を帯びたホビットフロド・バギンズと、その仲間として裂け谷エルロンドによって選ばれた8人の総称である。

『指輪物語』の第一部の表題、『旅の仲間(The Fellowship of the Ring)』と英語においては同じ名称であるが、邦訳の作中では指輪の仲間と訳されている。また作中では多くの場合「Company of the Ring」と記されているが、邦訳は同じく「指輪の仲間」である。

別称として、「指輪隊Ring's Company)」、「九人の徒歩の者Nine Walkers)」などがある。