忠節駅

忠節駅
駅舎(2005年3月撮影)
駅舎(2005年3月撮影)
ちゅうせつ
CHŪSETSU
所在地岐阜県岐阜市島栄町一丁目
所属事業者名古屋鉄道
駅構造地上駅
ホーム3面4線
乗降人員
-統計年度-
2,865人/日
-1992年[1]-
開業年月日1914年大正3年)3月29日
廃止年月日2005年平成17年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線揖斐線
キロ程0.0km(忠節起点)
(0.7km) 近ノ島
所属路線岐阜市内線
キロ程3.7km(岐阜駅前起点)
早田 (0.5km)
備考両線で直通運転を実施。
テンプレートを表示
駅構内(2005年3月撮影)

忠節駅(ちゅうせつえき)は、岐阜県岐阜市島栄町1丁目にあった、名古屋鉄道である。岐阜市内線揖斐線の接続駅であり、岐阜市内線の終点および揖斐線の起点駅であった。

歴史

当駅はまず揖斐線の前身である岐北軽便鉄道北方線の駅として1914年(大正3年)に開業した。岐北軽便鉄道はその7年後の1921年(大正10年)には岐阜市内線の前身である美濃電気軌道に吸収され、北方線も美濃電気軌道の路線となった[2]が、北方線は同社の他の路線からは孤立していた。そのため1925年(大正14年)には岐阜市街地から市内線が順次延伸されてきた[2]。ただ延伸されたのは忠節橋の南の忠節橋駅までで、当駅との間は橋を介する徒歩連絡であった[3]。戦時中の昭和10年代に駅舎は休止や移転を経験する[4]。この期間に新築された2代目の駅舎のデザインは華厳寺をモチーフにしていたとされる[5]

戦後の1948年(昭和23年)には忠節橋が架け替えられて岐阜市内線が長良川を越えてきたが、このときは忠節橋駅が移転したのみであった[3]。岐阜市内線が忠節橋駅から当駅まで延伸したのは1953年(昭和28年)7月1日のことである。ただ岐阜市内線の駅は揖斐線の従来駅の位置とは異なる場所に設けられた。早田の土地区画整理事業によるものであり、開業当初は駅舎もなく盛土で作られたホームがあるだけだった[5]。この翌年に揖斐線は近ノ島(西)駅 - 当駅間の線路を移設することで岐阜市内線の駅に接続、両路線の忠節駅は統合されて相互に連絡するようになった[2][3]

1967年(昭和42年)からは岐阜市内線と揖斐線が直通運転を実施するようになり、その5年後には駅ビルも開業するなど、当駅はターミナル駅としての性格を有していたが[2]、2005年(平成17年)4月1日に岐阜市内線と揖斐線が全線廃止されたことにより廃駅となった[4]

他の言語で