復水器

復水器 (ふくすいき、: condenser) とは熱交換器の一種で、蒸気タービンシリンダー内で仕事を取り出した後の水蒸気(低圧の湿り蒸気)を冷却して凝縮させ、低圧の飽和液[1]に戻す装置である。ここでできた飽和液()は給水ポンプへ行く。

復水器を含む熱機関の理論サイクルにはランキンサイクルがある(ランキンサイクルの状態で4→1の等圧冷却過程)。

種類・形式

表面復水器
冷却水が復水器冷却管内を通り、タービン蒸気とは直接接触しないもの。日本火力原子力発電所では、海水[2]を冷却水としているため表面復水器が用いられる。
直接接触復水器
冷却水を復水器内に導入し、タービン蒸気と混合するもの。地熱発電所では、タービン蒸気が凝縮した復水をボイラーに供給する必要がなく、復水の清浄度に対する要求が厳しくないため、構造が簡単で熱交換にも有利な直接接触復水器が用いられることが多い。
他の言語で