復水器

復水器 (ふくすいき、: condenser) とは熱交換器の一種で、蒸気タービンシリンダー内で仕事を取り出した後の水蒸気(低圧の湿り蒸気)を冷却して凝縮させ、低圧の飽和液[1]に戻す装置である。ここでできた飽和液()は給水ポンプへ行く。

復水器を含む熱機関の理論サイクルにはランキンサイクルがある(ランキンサイクルの状態で4→1の等圧冷却過程)。

他の言語で