形態形成

形態形成(けいたいけいせい、 : Morphogenesis)は、生物の形態が形成される過程である。これは 細胞の成長 分化と並ぶ、 発生生物学の基礎的な三つの見方の一つに挙げられる。

概説

形態形成は組織、器官、 生物全体の形と様々に特殊化した細胞形式の配置に関連する事項を扱う。細胞の成長と分化は 細胞培養ガン細胞でも起こりえるものであるが、そこでは普通の生物で見られる正常な形態形成は見られない。 発生の期間においては、細胞の空間的配置の組織化が調節され、それによって 組織器官の特徴的な形態が、そして全体的な 解剖学的形態が作られる。形態形成の研究は、その過程を理解しようとする試みである。 ヒトの胚では、 胞胚の段階では殆ど同じ細胞の集まりであるが、 原腸の形成後には組織と器官が構成される様になるが、これは遺伝的な「プログラム」によって調節され、さらに環境要因により変わり得るものである。

なおmorphogenesis(形態形成)という用語は胚の段階を持たない 単細胞生物の発達や 分類群での体の構造の 進化に関しても使われる。

形態形成の反応はおそらく ホルモンによって、そして同様に他の生物により生産された物質から有毒化学物質に及ぶ環境的化学物質または汚染物質として放たれた 放射性核種によって生物へ誘発されうる。

他の言語で
العربية: تشكل حيوي
български: Морфогенеза
català: Morfogènesi
Deutsch: Morphogenese
Ελληνικά: Μορφογένεση
English: Morphogenesis
español: Morfogénesis
français: Morphogenèse
עברית: מורפוגנזה
Bahasa Indonesia: Morfogenesis
italiano: Morfogenesi
ქართული: მორფოგენეზი
қазақша: Морфогенез
ಕನ್ನಡ: ಅಂಗವಿಕಾಸ
Кыргызча: Морфогенез
Bahasa Melayu: Morfogenesis
Nederlands: Morfogenese
português: Morfogênese
русский: Морфогенез
Simple English: Morphogenesis
svenska: Morfogenes
українська: Морфогенез
oʻzbekcha/ўзбекча: Morfogenez