弾性

連続体力学
BernoullisLawDerivationDiagram.svg


物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像
ウィキプロジェクト 物理学

弾性(だんせい、: elasticity)とは、応力を加えるとひずみが生じるが、除荷すれば元の寸法に戻る性質をいう。一般には固体について言われることが多い[1]

弾性は性質を表す語であって、それ自体は数値で表される指標ではない。弾性の程度を表す指標としては、弾性限界、弾性率等がある。弾性限界は、応力を加えることにより生じたひずみが、除荷すれば元の寸法に戻る応力の限界値である。弾性率は、応力とひずみの間の比例定数であって、ヤング率もその一種である。

一般的にはゴム等の材料に対して「高弾性」という表現が用いられる。この場合の「高弾性」とは弾性限界が大きいことを指す[2][3]。しかしながら、前述の通り、弾性に関する指標は弾性限界だけでなく弾性率等があって、例えば、ゴムの場合には弾性限界は大きいが弾性率は小さいため、「高弾性」という表現は混同を生じる恐れがある。

英語で弾性をelasticityというが、この語源はギリシャ語の「ελαστικος(elastikos:推進力のある、弾みのある)」からきている[4]。また、一般的には弾力弾力性等の語が使われるが、これらはほぼ弾性と同義である[5]

現実に存在する物質は必ず弾性の他に粘性を持ち、粘弾性体である。物質が有する粘弾性のうち弾性に特に着目した場合、弾性を有する物質を弾性体と呼ぶ。

他の言語で
azərbaycanca: Elastiklik
беларуская: Пругкасць
català: Elasticitat
čeština: Pružnost
Ελληνικά: Ελαστικότητα
eesti: Elastsus
فارسی: کشسانی
suomi: Elastisuus
Gaeilge: Leaisteachas
עברית: אלסטיות
hrvatski: Elastičnost
Bahasa Indonesia: Elastisitas (fisika)
қазақша: Серпімділік
한국어: 탄성
македонски: Растегливост
മലയാളം: ഇലാസ്തികത
Bahasa Melayu: Keanjalan
norsk nynorsk: Elastisitet
Piemontèis: Elasticità
português: Elasticidade
română: Elasticitate
русский: Упругость
srpskohrvatski / српскохрватски: Elastičnost
Simple English: Elasticity (physics)
slovenčina: Teória pružnosti
svenska: Elasticitet
Tagalog: Elastisidad
Türkçe: Esneklik
українська: Пружність
Tiếng Việt: Lực đàn hồi
Bân-lâm-gú: Tân-sèng