弧 (幾何学)

平面における弧の一例
円周の一部分を円弧または単に弧という

幾何学における(こ、arc)とは、おおまかには、曲線のつながった一部分のことであるが、より抽象的な概念に一般化される。初等幾何学においては円周の弧を指すことが多く、そのことを明確にしたい場合には円弧と呼ぶ。

元々、日本語としての「弧」は、木のまたはその形状を意味する。

定義

位相空間論におけるとは、閉区間 [a, b] から位相空間 X への連続写像 γ、もしくはそののことである[1]弧状連結の概念を定義する際に現れ、その文脈では(みち、path)と呼ばれることも多い。

定義において、閉区間を単位区間 [0, 1] に限る場合もあるが、どちらの定義も同等であることが直ちに従う。X として3次元ユークリッド空間 R3 を取れば、その場合の弧とは、空間曲線の連結な一部分であり、日常的な語の意味に近くなる。さらに、γ として全単射であることを要請することが多く、その場合の弧は、「自己交叉を持たず、閉でもなく、始点と終点を持つ曲線」である。

現実世界における具体例として、地球大圏(あるいは 大楕円英語版)の一部は、大圏コースと呼ばれる。

他の言語で
العربية: قوس (هندسة)
беларуская: Дуга (геаметрыя)
dolnoserbski: Pšužyna
emiliàn e rumagnòl: Êrc (giumetrìa)
Esperanto: Arko (geometrio)
eesti: Kaar
Gaeilge: Stua
ភាសាខ្មែរ: ធ្នូរង្វង់
한국어: 호 (기하학)
मराठी: कंस (चाप)
Nederlands: Boog (meetkunde)
norsk nynorsk: Boge
ਪੰਜਾਬੀ: ਚਾਪ
português: Arco (matemática)
srpskohrvatski / српскохрватски: Luk (matematika)
తెలుగు: చాపం
Türkçe: Yay (geometri)
татарча/tatarça: Дуга
Tiếng Việt: Cung (hình học)
吴语:
中文: