尿膜管

尿膜管 Urachus
Gray1156.png
膀胱陰茎尿道の垂直断面図。図の中央上端が尿膜管。
Illu quiz bladder 01.jpg
尿膜管は #1
グレイの解剖学subject #252 1213
MeSHUrachus

尿膜管(にょうまくかん、urachus)は、胎児膀胱からの排出経路で臍帯につながっている尿膜 (allantois) が、出生後、索状に残存したもの[1]。この索状の残存物は、横筋筋膜より前、腹膜より後ろの、恥骨後隙 (Retropubic space) にある。

構造

尿生殖洞 (urogenital sinus) のうち、膀胱尿道の間の部分は、中腎管(ウォルフ管)や、これに付随する 腎杯憩室の末端を吸収し、これによって、 膀胱三角部 (trigone of urinary bladder) や 尿道前立腺部 (prostatic urethra) が発達する。 膀胱と尿道の間の残りの部分は、膀胱や尿道前立腺部の一部となるが、最上部は細い管となってまで延び、これは後に、尿膜管が 正中臍索 (median umbilical ligament) を形成する過程で、痕跡なく消えてしまう。

他の言語で
العربية: سرر مثاني
azərbaycanca: Uraxus
Deutsch: Urachus
English: Urachus
español: Uraco
français: Ouraque
italiano: Uraco
қазақша: Урахус
polski: Moczownik
português: Úraco
русский: Урахус
српски / srpski: Urahus