季節学

季節学(きせつがく :Phenology)は季節の循環とその変動と、それによって植物動物の生きるために作る周期が季節と経年の気候の変化でどのように影響されるかを研究する学問

概要

気候と環境は毎年循環する自然現象が最初に起こる期日と深く関係している。たとえば発芽開花、蝶の飛翔、渡り鳥の飛来、鳥や両生類などの産卵、蜜蜂の 巣作りのタイミング、紅葉落葉などが季節学に関する出来事である。生態学の科学的文献によると、季節学は季節の光景が見られる期間を日付で区切り、もっと一般的に表すものである。桜前線などはこれに当たる。

多くの現象は小さな気候の変化、特に温度変化にとても鋭敏である。このため、季節学の記録は歴史的な風土学での気温に代用することができ、特に気候変化や温暖化の研究に使用されている。例えばヨーロッパでのブドウ栽培における収穫の記録は夏の生育期の気温を復元することに使用されており、500年前までさかのぼることができる。[1][2]また、機械による測定より長期間の基準線を提供することができ、自然秩序の観察は進行中の温暖化に関連した変化に高度な経時的分析を提供する。[3][4]

他の言語で
azərbaycanca: Fenologiya
български: Фенология
bosanski: Fenologija
català: Fenologia
čeština: Fenologie
dansk: Fænologi
Deutsch: Phänologie
English: Phenology
Esperanto: Fenologio
español: Fenología
eesti: Fenoloogia
euskara: Fenologia
suomi: Fenologia
Võro: Fenoloogia
français: Phénologie
galego: Fenoloxía
Հայերեն: Ֆենոլոգիա
Bahasa Indonesia: Fenologi
italiano: Fenologia
қазақша: Фенология
lietuvių: Fenologija
Bahasa Melayu: Fenologi
Nederlands: Fenologie
polski: Fenologia
português: Fenologia
русский: Фенология
slovenčina: Fenológia
slovenščina: Fenologija
svenska: Fenologi
Türkçe: Fenoloji
українська: Фенологія
اردو: ہویدیات
中文: 物候學