姦通

姦通(かんつう)とは、 社会的道徳的に容認されない 不貞行為性交渉のことである。婚外性交渉 [1]とも。本来は、不倫・不義密通も同じ意味であるが、現代日本語では、既婚者が 配偶者以外の者と性交渉を持つ 行為を主に不倫と呼ぶようになった。

社会的に承認される 性行為は通常、 婚姻によるものであるが、世界の地域・時代によっては、婚姻以外にも社会的に承認される関係は存在した。 儒教においては、 を持つことが認められており、日本でも 側室などは公的な存在であり、 一夫一妻制が厳しかった キリスト教でも 公妾が存在することがあった。また、 娼婦奴隷等と性交渉を持つことが公的に認められた時代も多かった。

一方、社会的に容認されないものには、既婚の女性の他、他人の妾、側室、親の保護下にある未婚の娘、儒教圏において、儒教が厳しく解釈された地域・時代における父系親族( 同姓不婚)、異教徒、異なる カーストの相手などがあった。また、 宗教民族地域時代によっては、 同性愛が含まれる場合もある。 近親相姦は、いくつかの社会でそれにまつわるタブー( インセスト・タブー)が存在する。

語源

不倫という言葉(ふりん)は本来は、 倫理から外れたこと、 の道から外れたことを意味する。近年では特に、近代的な 結婚制度( 一夫一婦制)から逸脱した男女関係、すなわち 配偶者のある が配偶者以外の異性と 恋愛性交を行うことを指して用いられる(配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛・性交を行う場合も含む)。古くは姦通、不義 密通といった(くだけた表現では 浮気と呼ばれる。この言葉は未婚の恋人同士でも使われる)。

語誌的には、(名詞以外の用法としては)形容動詞の語幹として「不倫な/不倫だ」といった使い方をするのが本来の用法であり、サ変動詞の語幹として「不倫する」という形では使われることはなかった[ 要出典]つまり、従来[ いつ?]「不倫」とは様子・状態を表す言葉であり、行為・動作を表す言葉ではなかったといえる[ 要出典]

TBSのテレビドラマ「 金曜日の妻たちへ」( 1983年)により「不倫」という言葉が広まった [2]これが「不倫」という言葉を「男女間の不義密通」という意味に変化(固定)させたきっかけと言われている[ 要出典]それ以前のテレビドラマでは「よろめき」(主として、夫のある女性が、他人の男性に心を寄せる)という言葉が一般的に使われていたが、「不倫」という言葉が定着して以降はほぼ 死語になっている(なお“よろめき”は 三島由紀夫1957年に発表したベストセラー小説『 美徳のよろめき』に由来する)[ 要出典]

他の言語で