姦通

姦通(かんつう)とは、社会的道徳的に容認されない不貞行為性交渉のことである。婚外性交渉[1]とも。本来は、不倫・不義密通も同じ意味であるが、現代日本語では、既婚者が配偶者以外の者と性交渉を持つ行為を主に不倫と呼ぶようになった。

社会的に承認される性行為は通常、婚姻によるものであるが、世界の地域・時代によっては、婚姻以外にも社会的に承認される関係は存在した。儒教においては、を持つことが認められており、日本でも側室などは公的な存在であり、一夫一妻制が厳しかったキリスト教でも公妾が存在することがあった。また、娼婦奴隷等と性交渉を持つことが公的に認められた時代も多かった。

一方、社会的に容認されないものには、既婚の女性の他、他人の妾、側室、親の保護下にある未婚の娘、儒教圏において、儒教が厳しく解釈された地域・時代における父系親族(同姓不婚)、異教徒、異なるカーストの相手などがあった。また、宗教民族地域時代によっては、同性愛が含まれる場合もある。近親相姦は、いくつかの社会でそれにまつわるタブー(インセスト・タブー)が存在する。

他の言語で
العربية: خيانة زوجية
беларуская: Шлюбная здрада
বাংলা: ব্যভিচার
brezhoneg: Avoultriezh
català: Adulteri
čeština: Cizoložství
Deutsch: Ehebruch
English: Adultery
Esperanto: Adulto
español: Adulterio
euskara: Adulterio
suomi: Aviorikos
français: Adultère
Frysk: Oerhoer
Gàidhlig: Adhaltranas
galego: Adulterio
עברית: ניאוף
हिन्दी: व्यभिचार
hrvatski: Preljub
Bahasa Indonesia: Perselingkuhan
Iñupiak: Allatuun
italiano: Adulterio
ქართული: მრუშობა
한국어: 간통
Latina: Adulterium
lietuvių: Neištikimybė
മലയാളം: ജാരവൃത്തി
Nederlands: Echtbreuk
norsk: Hor
português: Adultério
Runa Simi: Wasanchay
română: Adulter
sicilianu: Mèttiri i corna
srpskohrvatski / српскохрватски: Preljub
Simple English: Adultery
chiShona: Hupombwe
Basa Sunda: Jinah
svenska: Hor
Tagalog: Pakikiapid
українська: Подружня зрада
اردو: بد کاری
Tiếng Việt: Thông gian
ייִדיש: ניאוף
中文: 通奸