大元帥

大元帥(だいげんすい、 イタリア語: Generalissimo)は、国軍の総司令官に与えられる称号。軍隊における 元首の地位を示すことも多いが、軍人の最高位の 階級となっている場合もある。

日本

日本軍の大元帥(天皇)肩章。大将の階級章に 菊花紋章が付されていた。

日本では、 1871年の建軍当初に大元帥という官名が 兵部省職員令附属の相当表に記載され [1]、服制も定められたものの(明治5年9月7日太政官布告第252号)、任官者が無いまま 1873年 5月8日には廃止された [2]大日本帝国憲法下では 天皇統帥権を持ち、 陸海軍の最高指揮官である大元帥となった(明治22年9月30日陸達第142号「野外要務令草案」第1部第1篇第1)。大元帥たる天皇は 軍服型の御服を着用した [3]

なお、 井原今朝男は「大元帥」の呼称を古来において天皇のみが行うことが出来た外寇鎮圧の仏教儀式である 大元帥法大元帥明王に対する 祈祷)に由来するとする考えを呈示している [4]

歴代大元帥
他の言語で
Alemannisch: Generalissimus
azərbaycanca: Generalissimus
беларуская: Генералісімус
беларуская (тарашкевіца)‎: Генэралісімус
български: Генералисимус
català: Generalíssim
čeština: Generalissimus
English: Generalissimo
español: Generalísimo
français: Généralissime
עברית: גנרליסימו
hrvatski: Generalissimus
Bahasa Indonesia: Generalissimo
한국어: 대원수
lietuvių: Generalisimas
македонски: Генералисимус
Bahasa Melayu: Generalisimo
Nederlands: Generalissimo
português: Generalíssimo
română: Generalisim
srpskohrvatski / српскохрватски: Generalissimus
slovenčina: Generalissimus
српски / srpski: Генералисимус
ไทย: Generalissimo
Türkçe: Generalissimo
українська: Генералісимус
oʻzbekcha/ўзбекча: Generalissimus
Tiếng Việt: Tổng thống lĩnh
中文: 大元帅
粵語: 大元帥