夢魔

インキュバスに襲われる女性

夢魔(むま)は、古代ローマ神話キリスト教悪魔の一つ。淫魔ともいう。の中に現れて性交を行うとされる下級の悪魔。

夢魔のうち、男性型のインクブス: Incubus、英語読みでインキュバス)は睡眠中の女性を襲い精液を注ぎ込み、悪魔の子を妊娠させる。女性の姿をした(もしくは女性に変身した)夢魔は、スクブス: Succubus、英語読みでサキュバス)といい、睡眠中の男性を襲い、誘惑して精液を奪う。それぞれラテン語の「のしかかる(incubo)(上に乗る)」、「下に寝る(succubo)」に由来しており、これはスクブスは女性型、インクブスは男性型の夢魔であることを明確にあらわしている。以下、インキュバス(男夢魔)、サキュバス(女夢魔)と表記する。

古くはアウグスティヌス神の国』第15巻23章に、森の精霊シルウァヌスファウヌスはインクブスと呼ばれ、しばしば女性を襲って欲望を満たす、という当時の俗信についての記述がある[1]

どちらも、自分と性交したくてたまらなくさせるために、襲われる人の理想の異性像、服を着ず下半身は裸で現れる。そのため、その誘惑を拒否することは非常に困難だった。人の形態をとるだけでなく、標的となった人間の寝室には蝙蝠に化けて侵入するともされている。ただし、これらの姿を変える能力を剥がした正体は醜い怪物とも語られている。

一説にはインキュバスとサキュバスは同一の存在であり、自身に生殖能力が無いため、人間男性の精液を奪って人間女性を妊娠させ、繁殖しているとされる。

ヨーロッパのある地方では「枕元に牛乳があると、サキュバスはそれを精液と間違えて持ってゆく」と言われ、悪魔よけに小皿一杯の牛乳を枕元に置いて眠るという風習があった。

ルネサンス時代には「インキュバスは実際に女性を妊娠させるのか?」という議論が真面目に行われていた。というのも、この時代は生活環境の変化によって人々がに奔放になり、都市部の若い(時には少女とも呼べるほどの年齢の)女性が父親不明の私生児を抱える例が多かったのである。

女性が望まぬ子供を孕んだときには“インキュバスの仕業だ”とされることもあり、不義密通の言い訳として大変役立ったようである。

サキュバスに襲われた男性は、いわゆる夢精をした状態となり、夢精はサキュバスの仕業と信じられていた。

他の言語で
български: Инкуб
català: Íncube
čeština: Incubus
Ελληνικά: Ίνκουμπους
English: Incubus
español: Íncubo
euskara: Inkubo
فارسی: اینکوبوس
suomi: Incubus
français: Incube
עברית: אינקובוס
hrvatski: Inkub
Ido: Inkubo
한국어: 인큐버스
lietuvių: Inkubai
Nederlands: Incubus (demon)
norsk: Incubus
polski: Inkub
português: Íncubo
română: Incubus
русский: Инкуб
sardu: Incubus
srpskohrvatski / српскохрватски: Inkub
Simple English: Incubus
svenska: Incubus
Tagalog: Ingkubo
Tiếng Việt: Incubus