変体仮名

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Unicode 10.0の変体仮名)が含まれています詳細
変体仮名
へんたいがな
Hiragana RO 01.svg
類型:音節文字
言語:日本語琉球語
時期:〜800年
親の文字体系:
漢字
姉妹の文字体系:平仮名
Unicode範囲:U+1B001-U+1B0FF
U+1B100-U+1B11E
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

変体仮名(へんたいがな)は、平仮名字体のうち、1900年(明治33年)の小学校令施行規則改正以降の学校教育で用いられていないものの総称である。平仮名の字体の統一が進んだ結果、現在の日本では変体仮名はあまり使用されなくなったが、看板書道、地名、人名など限定的な場面では使われている[1]異体仮名(いたいがな)とも呼ばれる[2]。また、ケンペル日本誌では、大和仮名(やまとがな)とも表記されている[3]

変体仮名に対し、現在使われている字体を「現用字体」と呼ぶ。また、変体仮名の使い分け(現用字体を含む)のことも「変体仮名」と呼ぶことがある[4]

概要

現在変体仮名と呼ばれている文字は、現在の平仮名にとっての異体字として扱われる。平仮名万葉仮名から派生した音節文字であり、その読みは字母(その仮名の元となった漢字)の字音あるいは字訓が、字体草書体をさらに崩したものがもとになっている。変体仮名という呼び名は、近代に入って平仮名の字体の統一が進む中でつけられたもので、元来、平仮名・変体仮名という区別はなく、近世までの平仮名使用者は様々な種類の平仮名を同時に用いて使いこなしていたのである。よって紀貫之の『土佐日記』、清少納言の『枕草子』、紫式部の『源氏物語』のような平仮名文学、あるいは 草紙のような出版物、また手紙や個人の手記などについても、明治時代までは平仮名によって書かれた文章は多くが、今でいう変体仮名で書かれている。

ただし、標準的な字体とそれ以外の字体の区別は近代以前からすでにあり、平仮名の50音図を書く場合などは、ほとんどに、のちの現用字体が使われていた。

他の言語で
Bahasa Banjar: Hentaigana
català: Hentaigana
Mìng-dĕ̤ng-ngṳ̄: Hentaigana
Deutsch: Hentaigana
English: Hentaigana
Esperanto: Hentaigana
español: Hentaigana
français: Hentaigana
Bahasa Indonesia: Hentaigana
italiano: Hentaigana
Basa Jawa: Hentaigana
한국어: 헨타이가나
português: Hentaigana
русский: Хэнтайгана
Tagalog: Hentaigana
українська: Хентайґана
Tiếng Việt: Hentaigana
中文: 變體假名