増槽

増槽(ぞうそう)は、兵器外部に取り付けられる追加の燃料タンクのこと。内蔵燃料では不十分な、長期・長距離作戦を遂行するために装備される。増加燃料タンク(ぞうかねんりょうタンク)、増設燃料タンク(ぞうせつねんりょうタンク)とも。軍用機の翼下・機体下・機体側面、軍用車の側面・後面などに取り付けられる。

大日本帝国陸軍の航空部隊(陸軍航空部隊)では落下タンク(らっかタンク)と称した。

軍用機の増槽

軍用機に用いられる増槽には、ドロップタンク(drop tank, 落下型増槽)とコンフォーマル・フューエル・タンク(conformal fuel tank, CFT, 密着型増槽[1])があり、初期のジェット戦闘機やジェット練習機などには、翼端増槽(tip tank)が用いられたことがある。C-130のように主翼下に固定式増槽を備えた例もある。

翼下のハードポイントにドロップタンクを搭載したP-51
主翼下のハードポイントにドロップタンク、主翼の翼端にチップタンクを搭載したF-104S
ドロップタンク
ハードポイントに取り付けられ、飛行中に切り離し可能になっている増槽のこと。普通は両端が尖った円柱形状あるいは紡錘形をしており、一見したところ爆弾ミサイルのようにも見える。それ自体の飛翔を目的としないので、ほとんどの物は安定板を持たないが、投下時に機体にぶつからないように安定させるために付いているものもある。時期的には第二次世界大戦ごろから航続距離延長のために使用されるようになり、最初に採用したのは日本であった[2]機関銃機関砲によるドッグファイトの機会が多かった第二次大戦時は、空気抵抗と重量を減らすためや、弾着による引火爆発を防ぐため、残量にかかわらず会敵時に投棄されることが多かった。そのため、飛行時には先にドロップタンクの燃料から消費し、機内タンクの燃料を温存した。
ドロップタンクを海上に投棄した場合の回収は容易ではないが、イギリスドイツフィンランドなどは、主に戦略物資であるアルミニウム合金の節約を目的として、陸上で投棄された増槽を回収していたという事例もある(ドイツの場合、発見した民間人に対し「礼金を出すので届けよ」と、回収を促す注意書きが増槽に貼ってあったほどである)。反対に、イギリス駐留のアメリカ第8航空軍では、敵に資源として回収されないようにで作られ、燃料注入後一定時間経過すると使用不能になるタンクも使用された。第二次大戦時の日本軍でも製の枠組みに紙を貼ったり、ベニヤ板を曲げ加工し、防水処理したドロップタンクも使われたが、これは回収されないようにと言うより、自国の資源不足が原因であった。
大戦後の戦闘機は大型化にともなって増槽も大容量化しており、自衛隊も運用するF-15F-2F-16と同等品)で容量2000リットル超にもなり、からのタンクであっても高高度から落着すれば相応の被害をもたらしうるため、緊急時を除き空中投棄しないのが一般的になっている。
また、スペースシャトルの巨大な外部燃料タンクも、一種のドロップタンクであると言える。
コンフォーマル・フューエル・タンク
機体側面に密着するように装備される増槽のこと。飛行中の切り離しはできないが、ドロップタンクに比べ空気抵抗が小さいため燃費に優れ、ハードポイントを要しないのでより多くの兵装を搭載できるという有利な面がある。F-15Eでは標準装備されている。F-16 ブロック60と(ポーランド空軍が採用している)ブロック52+も採用している。ほかには、サーブ 39 グリペンラファールタイフーンでも利用が検討されている。
翼端増槽(チップタンク)
左右翼端に取り付けられた増槽。取り外し不可能な固定式と、駐機中に限り取り外し可能(飛行中の切り離しは不可能)な半固定式がある。主に、初期のジェット戦闘機に用いられたが、戦闘任務を考慮しない練習機およびCOIN機では現在でも用いられている。採用した機種はP-80T-33F9FF-5A/BF-104L-39A-37SF-260など。
後方乱気流や視界の関係で密集編隊が組みにくくなるため曲技飛行の際は取り外す場合がある(例:フレッチェ・トリコローリMB-339PAN)。
機体両脇に増槽を装備したUH-60J
ヘリコプター
一部の機種は、パイロンに増槽を取り付けることができる。従来の機内に燃料タンクを増設する方式と比べて機内スペースを犠牲にすることなく航続距離・飛行時間を伸ばせるというメリットがある。UH-60CH-53AH-64OH-1などで採用されている。一般にからになっても平時は切り離さずに帰投する。
なお、固定翼機の主翼の内部空間が無く、速度的に空気抵抗もあまり大きな問題とならないヘリコプターの場合は主燃料タンクがMi-8のように外装型ないしCH-47のようにコンフォーマルタンクである場合がある。