塩基配列

生物学における塩基配列(えんきはいれつ)とは、 DNARNAなどの 核酸において、それを構成している ヌクレオチドの結合順を、ヌクレオチドの一部をなす有機塩基類の種類に注目して記述する方法、あるいは記述したもののこと。

核酸の塩基配列のことを、単に シークエンスと呼ぶことも多い。ある核酸の塩基配列を調べて明らかにする操作・作業のことを、塩基配列決定、あるいは シークエンシングと呼ぶ。

生物学的な意味

DNAが保持する 遺伝情報は直接的には塩基配列の形で保持されている。DNAの遺伝子情報記述領域(コーディング領域)では、その遺伝子に対応する 蛋白質のアミノ酸配列を表現する(後述)。これとは別に、ある種の制御タンパク質の結合部位として働き 遺伝子発現を制御する役割を担う部位もある。核酸の塩基配列を調べることは、遺伝情報の解析の上で非常に基本的な作業である。 ゲノムプロジェクトはある 生物ゲノムの全塩基配列の読み取りを目標としている。

他の言語で