城崎温泉駅

城崎温泉駅*
駅舎と駅前広場
駅舎と駅前広場
きのさきおんせん
Kinosakionsen
玄武洞 (4.3km)
(8.0km) 竹野
所在地兵庫県豊岡市城崎町今津字稗田283-1
所属事業者西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線E A 山陰本線
キロ程158.0km(京都起点)
電報略号キサ
駅構造地上駅
ホーム3面4線
乗車人員
-統計年度-
1,028人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日1909年明治42年)9月5日
備考直営駅
みどりの窓口
* 2005年に城崎駅から改称。
テンプレートを表示
4番のりば(旧1番のりば)
旧2番のりば(特急「きのさき」停車)・旧3番のりば※写真中ののりば表記と現在ののりば番号が異なっていることに注意。
JR城崎駅時代の駅舎(2003年ころ撮影)

城崎温泉駅(きのさきおんせんえき)は、兵庫県豊岡市城崎町今津字稗田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

概要

北近畿の温泉の名所として、また、冬の料理の本場として、観光地としての賑わいを見せている。山陰本線京都口の電化区間の西側終端となっている。このため、電車特急の「きのさき」「こうのとり」の終着駅となっており、この先は伯耆大山駅まで非電化区間となり気動車[1]での走行となる。

2000年平成12年)に第1回近畿の駅百選に選定されている[2]2005年平成17年)4月1日に城崎町が隣の豊岡市と合併することに伴い、同年3月1日に「城崎駅」から「城崎温泉駅」へと改称された。その際には、演歌歌手の細川たかしが一日駅長を務めた。

他の言語で