圧縮コイルばね

圧縮コイルばね。標準的な円筒状のもの。

圧縮コイルばね(あっしゅくコイルばね、英語:helical compression spring)とは、圧縮の荷重を受けて用いられるコイルばねの一種である[1]圧縮ばねと呼ばれることもある[2]ばね部品の中でも最も広く使用され、多くの機械や器具で使用されている[3][4]。主に、圧縮方向の荷重を受け止める、圧縮させて反力を利用する、圧縮方向の衝撃や振動を緩和する、といった用途に使用される[5]

円筒状のコイルばねが最も一般的だが、円錐状や形に巻いたものなど様々な種類がある[6]。軽荷重用の小型のものから重荷重用の大型のものまで、大きさも幅広い[7]

コイル状にする素線自体には、主にねじりモーメントが加わり、素線がねじり変形を起こすことで、ばねが全体として伸び縮みする[8]。ばねが変形するときの単位体積当たりの弾性エネルギーは他のばね部品と比較して大きく、エネルギー吸収効率が高い[9][3]。そのため、取り付けに必要な空間は比較的小さいという長所もある[3]

他の言語で
Deutsch: Druckfeder