命令レベルの並列性

命令レベルの並列性(Instruction-level parallelismILP)とは、プログラムの中で並行して実行できる処理がいくつあるかの尺度である。