周極星

北半球での周極星は天の北極を中心に回転する。北極星(中心近くの明るい星)は、ほとんど動かない。北極星も周極星であり一年中見えている。図は24時間の星の動きを示しているが、太陽が見える昼間の時間では実際には、もちろん星は見えない。
北極星と周極星を長時間シャッターを開けて撮影した写真。長時間の露光でも天の極に近い星はほとんど動かない。

周極星(しゅうきょくせい)は、地球上のある地点で沈まない星のこと。つまり天の北極または天の南極に近接し絶対地平線下に沈まない星。そのためその地点では何時でも夜の空で見られる。また、太陽光に圧倒されることが無ければ、昼間でも一年中見られる。

解説

地球の自転によって、恒星は天の極(北半球では天の北極、南半球では天の南極)を中心とした円周上を移動するように見え、天の極から遠い星ほど大きい円を描く。一方、天の極に近い星は小さな円を描き、日周運動にかかわらずほとんど動いているように見えない。天の極に近い星は1日中水平線上にいる軌跡を描き、他の星は1日1回、出没を繰り返す。また一日中水平線から昇らない星もある。これらは観測者のいる地点の緯度による。

天の極を中心に、直下の水平線を円周の点とする円内の星が周極星になる。北極点に立つと、天の北極は真上に位置し、目に見える全ての恒星が周極星である。つまり、天球の北半球の星全てが周極星となる。南に向かうにつれて天の北極は北の地平線に近づき、より多くの星が1日1回地平線下に隠れるようになり、周極星の存在する円の領域は益々小さくなる。赤道直下ではその円は消滅し、天の極の1点のみが周極星になれる部分でそれは地平線上にある。それゆえ事実上周極星は無い。

赤道を越えて更に南に移動すれば反対の事が起きる。天の南極は次第に空高く昇り、天の南極を中心にした上記の円の範囲が広がり、その内にある全ての恒星、つまり周極星が増えていく。南極点に到達した時には見える全ての恒星が周極星となる。

天の北極は北極星(現在はポラリス)のごく近くにあり、そのため北天では全ての周極星が北極星を中心に回転するように見える。北極星自身もほとんど動かず、常に北の方角(つまり、方位角が0度の方向)にあり、そして常に同じ高度(地平線からの角度のこと)にある。またそれは地上の観測点の緯度と等しい。

他の言語で