名鉄名古屋本線

名古屋鉄道 名古屋本線
NP-NH.png
神宮前 - 金山間の複々線区間
神宮前 - 金山間の複々線区間
概要
系統岐阜・一宮方面 / 名古屋方面
知立・岡崎方面 / 豊橋方面
起終点起点:豊橋駅
終点:名鉄岐阜駅
駅数60駅
路線記号NH
ウェブサイト名古屋本線
運営
西部線開業1914年1月23日 (1914-01-23)
東部線開業1917年3月7日 (1917-03-07)
東西連絡線開業1944年9月1日 (1944-09-01)
最終延伸1948年4月18日 (1948-04-18)
所有者名古屋電気鉄道
美濃電気軌道(美濃電)+
愛知電気鉄道(愛電)

(旧)名古屋鉄道+尾西鉄道+美濃電+愛電

名岐鉄道+愛電

名古屋鉄道
路線諸元
路線総延長99.8 km (62.0 mi)
軌間1,067 mm (3 ft 6 in)
電化直流1,500 V,
架空電車線方式
運行速度最高120km/h
路線図
Nagoya Railroad Linemap.svg
テンプレートを表示

名古屋本線(なごやほんせん)は、愛知県豊橋市豊橋駅から岐阜県岐阜市名鉄岐阜駅までを結ぶ名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線

概要

豊橋駅 - 岐阜駅間の各都市を結んでいる。豊橋駅 - 神宮前駅間では国道1号、神宮前駅 - 名鉄岐阜駅間では国道22号にそれぞれほぼ並走している。

運賃計算区分はA(運賃計算は営業キロをそのまま用いる)。すべての駅でmanacaなどの交通系ICカード全国相互利用サービス対応カードが使用できる。

JR東海との共用区間

豊橋駅から平井信号場の区間は、名鉄と東海旅客鉄道(JR東海)がそれぞれ単線を所有し、同一線路を複線として共用することで名古屋本線とJR飯田線の列車が運行されている。名鉄は豊橋方面への単線を、JR東海は名鉄岐阜駅方面および飯田線の中部天竜方面への単線を所有している。

両社の単線を共用する形となるため、当路線の豊橋駅への運行本数は毎時6本が上限で、最高速度は飯田線と同じ85km/hに制限されている。飯田線内で遅延が発生した時の復旧は飯田線を優先とするため、名鉄の列車が伊奈駅で運転を打ち切らざるを得ない場合もある。なお、架線使用料および電力費は列車本数の比率による独自の計算式でJRに支払われる。

なお、この区間にある船町駅下地駅はJR東海の専用駅で、名鉄の列車は停車しない。

また、特急列車に搭載されているミュージックホーンも、この共用区間では電子警笛を認めないJR東海の規定が優先されるため、使用されない。

路線データ

  • 路線距離(営業キロ):99.8km (複々線2.2km、複線92.6km、単線5.0km[1]
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:60駅(起終点駅を含む)[1]
  • 複線区間:
    • 複々線:神宮前駅 - 金山駅間(名古屋本線・常滑線列車が各2線を別々に使用する方向別複々線
    • 複線:伊奈駅 - 神宮前駅、金山駅 - 名鉄岐阜駅間[注釈 1]
    • 単線:豊橋駅 - 伊奈駅間(JR東海と単線ずつを所有し複線としてJR飯田線と共用)
  • 電化区間:全線電化(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 保安装置M式ATS(豊橋駅 - 平井信号場間はATS-PTを併設)
  • 最高速度:120km/h(豊橋駅 - 平井信号場間は85km/h。詳細は「最高速度」の節を参照)
  • 最急勾配:35(山王駅 - 名鉄名古屋駅間)
  • 最小曲線半径:160m(東枇杷島駅 - 枇杷島分岐点間、加納駅 - 名鉄岐阜駅間、上り線のみ東枇杷島駅 - 栄生駅間)
  • 最長直線区間:上り線名電赤坂駅東方 - 平井信号場南方(豊川放水路橋梁)約8.8km、下り線平井信号場北方 - 名電赤坂駅東方 約7.8km