同化 (生物学)

同化(どうか、Anabolism)とは、小さな部品から 分子を構成する 代謝過程である [1]。これらの反応には エネルギーが必要である。代謝過程を分類する1つの方法として、細胞、組織のレベルにおいて「同化作用」か「異化作用」かというのがある。同化は、大きな分子を小さな部分に分解して 細胞呼吸に用いる異化から得られるエネルギーによって起こる。このエネルギー供給は、多くの場合は アデノシン三リン酸を通じて起こる [2]

同化過程は、器官や組織を「組み立てる」方向に働く。このような過程で細胞は成長、分化し、複雑な分子が構成され、個体は大きくなる。同化の例としては、骨の成長や石化、筋肉量の増加等がある。

内分泌学者は伝統的にホルモンを同化と異化を促進するもので分類してきた。古典的な同化ホルモンとしては、 タンパク質合成を促進し、筋肉の成長を促す アナボリックステロイドがある。同化作用と異化作用のバランスは 概日リズムによって調整されることもあり、たとえば グルコース代謝などの過程は、日中の活動的な時間帯に最大になる [3]

古典的な同化ホルモンの例

近年になって発見された、同化及び異化作用のバランスを調整するホルモンには以下のようなものがある。

他の言語で
العربية: ابتناء
azərbaycanca: Anabolizm
български: Анаболизъм
bosanski: Anabolizam
català: Anabolisme
čeština: Anabolismus
dansk: Anabolisme
Deutsch: Anabolismus
English: Anabolism
Esperanto: Anabolo
español: Anabolismo
eesti: Anabolism
euskara: Anabolismo
فارسی: فراگشت
suomi: Anabolia
français: Anabolisme
furlan: Anabolisim
Gaeilge: Anabalacht
galego: Anabolismo
עברית: אנאבוליזם
हिन्दी: एनाबोलिज्म
hrvatski: Anabolizam
Հայերեն: Անաբոլիզմ
Bahasa Indonesia: Anabolisme
italiano: Anabolismo
Basa Jawa: Anabolisme
қазақша: Анаболдану
한국어: 합성대사
Кыргызча: Анаболизм
lietuvių: Anabolizmas
latviešu: Anabolisms
മലയാളം: ഉപചയം
Nederlands: Anabolisme
norsk: Anabolisme
occitan: Anabolisme
ਪੰਜਾਬੀ: ਐਨਾਬੌਲਿਜ਼ਮ
polski: Anabolizm
português: Anabolismo
română: Anabolism
русский: Анаболизм
srpskohrvatski / српскохрватски: Anabolizam
Simple English: Anabolism
slovenčina: Anabolizmus
slovenščina: Anabolizem
shqip: Anabolizmi
српски / srpski: Anabolizam
Basa Sunda: Anabolisme
svenska: Anabolism
Türkçe: Anabolizma
українська: Анаболізм
oʻzbekcha/ўзбекча: Anabolizm
Tiếng Việt: Đồng hóa
中文: 同化作用