可換環論

可換環論(かかんかんろん、英語:commutative algebra、commutative ring theory)は、その乗法可換であるような(これを可換環という)に関する理論の体系のこと、およびその研究を行う数学の一分野のことである。

他の言語で