古代オリンピック

1915年に描かれた古代オリンピックの想像図
オリュンピア遺跡にあるヘラ神殿

古代オリンピック(こだいオリンピック、: Ancient Olympic Games)は、古代ギリシアエーリス地方、オリュンピアで4年に1回行われた当時最大級の競技会であり、祭典である。ギリシア語ではオリュンピア大祭オリュンピア祭典競技とも呼ぶ。オリュンピアにはエーリスの祭神・ゼウスの神殿があった。本競技会・祭典は紀元前9世紀から紀元後4世紀にかけて行われたもので、ギリシア四大大会(後述)のひとつである。

最盛期にはギリシア世界各地から選手が参加した。ギリシア人はこれを格別に神聖視し、大会の期間およびそれに先立つ移動の期間、合計3ヶ月ほどをオリュンピア祭のための休戦期間に挙げた。またギリシア語資料では広くオリュンピア祭の回数、すなわちオリンピアードをもって年を数えることが行われる。ギリシア人の血筋を持つ者しか参加が許されず、罪を犯した者も参加できなかった。

他の言語で
한국어: 고대 올림픽
srpskohrvatski / српскохрватски: Drevne Olimpijske igre
Simple English: Ancient Olympic Games