受難

受難(じゅなん、Passion)とは神学用語で、イエス・キリスト裁判処刑における精神的および肉体的な苦痛のための言葉である。キリストの磔刑キリスト教の信条にとっての主要な出来事のひとつである。

語源はラテン語passus(pati, 苦しむ patior- から生じた)であり、2世紀に現れた。この「受難 Passion」という言葉はイエスの成業と苦しみ(逮捕後の裁判や処刑)の全体を表す言葉として適用されている。これに対して「イエスの苦悶 Agony」という言葉は、彼が逮捕される直前のゲッセマネの園での祈りにおける彼の精神的な苦悶に限定して適用される。4つの福音書のうちこれらの出来事を記述した部分は「受難物語」として知られる。外典であるペトロによる福音書も正典ではないがまた受難物語である。

受難曲

受難週においてイエス・キリストの受難を覚える受難曲がある。ヨハン・ゼバスティアン・バッハマタイ受難曲が有名である。

他の言語で
беларуская: Мукі Хрыстовы
brezhoneg: Pasion Jezuz
čeština: Pašije
Deutsch: Passion
Ελληνικά: Άγια Πάθη
euskara: Nekaldia
Bahasa Indonesia: Kesengsaraan Yesus
қазақша: Пассионарлық
한국어: 수난
norsk nynorsk: Lidingssoga
polski: Pasja
română: Patimile
srpskohrvatski / српскохрватски: Stradanje Isusa
slovenščina: Jezusovo trpljenje
українська: Страсті Христові
中文: 耶穌受難