原子爆弾

核兵器 > 核爆弾 > 原子爆弾
長崎に投下された原子爆弾のキノコ雲
1945年8月9日
1945年8月6日に投下された広島型原爆(リトルボーイ)による被害者の一人。(1945年10月。日本赤十字病院において)

原子爆弾(げんしばくだん、原爆: atomic bomb)は、ウランプルトニウムなどの元素原子核が起こす核分裂反応を使用した核爆弾で、初めて実用化された原子爆弾は、核爆発装置に含まれる[1][2]水素爆弾を含めて「原水爆」とも呼ばれる。

核兵器は通常兵器と比較して威力が極めて大きいため、大量破壊兵器として核不拡散条約部分的核実験禁止条約などで規制されており、核廃絶を求める主張もある。

原子爆弾の開発

第二次世界大戦下においてドイツ日本アメリカ合衆国イギリスなどで開発が行われた。1945年にアメリカによって初めての核実験が行われて以降、冷戦期にアメリカ・ソ連フランスを中心に約2,000回の核実験が行われている。

原子爆弾はアメリカ合衆国が最初に開発に成功した。開発は1942年からのマンハッタン計画で進められ、1945年7月16日ニューメキシコ州の アラモゴード軍事基地の近郊の砂漠で人類最初の原爆実験(トリニティ実験)が実行された。この原子爆弾のコードネームはガジェット (Gadget) と呼ばれた。

ソビエト連邦の原子爆弾開発は、1943年にソビエト連邦共産党書記長であるスターリンが原子力プログラムの開始を命じ、核物理学者イーゴリ・クルチャトフがプロジェクトの責任者となって進められた。1949年8月29日カザフ共和国(当時)のセミパラチンスク核実験場において最初の核実験(プルトニウム型原爆RDS-1)が成功した。

イギリスは、1952年10月3日に モンテベロ諸島と西オーストラリアの間の珊瑚礁で最初の核実験(ハリケーン作戦)を行った。使用された原子爆弾は、長崎に落とされたファットマンの改良型である。セラフィールドで生産したプルトニウムが足りなかったので、カナダから供給されたプルトニウムで補ったとされる。

フランス第二次世界大戦勃発直後から核兵器開発を始めたが、ドイツ軍のフランス侵攻によりフランス本土はドイツの占領下におかれ、研究者達は亡命し計画は停滞した。戦後、亡命した科学者たちが帰国すると 次世代エネルギーの開発という名目で、1948年から重水炉が稼動して原子力開発が始まった。その後、紆余曲折を経て1956年に原子爆弾実験と核融合研究の実施を決定した。1958年には発電用原子炉で、年間40kgのプルトニウムを生産する能力を持つようになり、1960年2月13日アルジェリア領のサハラ砂漠で核実験を成功して、4番目の核保有国になった。フランスは1960年から1996年までの間に核実験をサハラ砂漠で17回実施、仏領ポリネシアで193回実施した(フランスの核兵器に関する詳細は「フランスの核兵器」を参照)。

中国は、1960年代当初から第9学会と呼ばれる研究都市を海北チベット族自治州に設けて、核開発を推進してきた。1964年10月16日に初の原子爆弾実験に成功し、1967年6月17日に初の水素爆弾実験に成功した。

インド1974年5月18日に初の核実験を行なっている。

パキスタン1998年5月28日に初の核実験を行なっている。

北朝鮮2006年10月9日に初の核実験を行なっている。

米国による日本への2発の原爆使用後、第二次世界大戦後の東西冷戦の激化とともに、アメリカ合衆国ソビエト連邦を中心に破壊力の大きな戦略兵器として原子爆弾の改良が進められた。核出力を100キロトン以上に強大化した大型原爆や、 熱核反応も加えて300キロトン程度に増強した強化原爆が開発された。また戦略用だけでなく戦術用での使用が可能なように小型化も進められ、当初は4-5トンほどだった重量を大砲より発射できる核砲弾[注 1]や核無反動砲[注 2]といった小型のものが開発されたが、実戦で使用された事はない。

他の言語で
asturianu: Bomba atómica
български: Атомна бомба
Ελληνικά: Ατομική βόμβα
español: Bomba atómica
eesti: Tuumapomm
français: Bombe A
italiano: Bomba atomica
македонски: Атомска бомба
Mirandés: Bomba atómica
sicilianu: Bumma atòmica
slovenčina: Atómová bomba
oʻzbekcha/ўзбекча: Atom bombasi
吴语: 原子彈
中文: 原子弹