千手堂駅

千手堂駅
せんじゅどう
SENJUDŌ
所在地岐阜県岐阜市真砂町十丁目
所属事業者名古屋鉄道
駅構造地上駅
ホーム2面2線
開業年月日1924年大正13年)4月21日
廃止年月日2005年平成17年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線岐阜市内線
キロ程1.6km(岐阜駅前起点)
金町 (0.4km)
(0.3km) 本郷町
所属路線鏡島線
キロ程0.0km(千手堂起点)
金町 (0.4km)
(0.7km) 鍵屋
備考鏡島線は1964年昭和39年)10月4日に廃止。両線で直通運転を実施。
テンプレートを表示

千手堂駅(せんじゅどうえき)は、岐阜県岐阜市真砂町10丁目にあった、名古屋鉄道停留場)である。名鉄岐阜市内線鏡島線の2路線が乗り入れていたが、前者は2005年に、後者はそれに先立つ1964年に廃止された。

歴史

当駅に乗り入れていた2路線の前身はいずれも美濃電気軌道の路線である。先に開業したのは鏡島線で、1924年(大正13年)に開業した際は同社の他の路線とは接続しない孤立路線であった。ただ翌年には市内線が徹明町駅から当駅まで延伸してきたことで2路線が接続する駅となった。同年中には市内線が当駅からさらに忠節駅方面へ延伸している。

当駅は市内線と鏡島線の連絡駅としての役割を果たしていたが、輸送能力が貧弱であった鏡島線はモータリゼーションの進展を受けて1964年(昭和39年)に廃止、バス路線に転換された[1]。その後2005年(平成17年)には残った岐阜市内線も廃止され、当駅も廃駅となった。

他の言語で