北京の55日

北京の55日
55 Days at Peking
55-Days-Peking.jpg
監督ニコラス・レイ
脚本フィリップ・ヨーダン
バーナード・ゴードン
ロバート・ハマー
ベン・バーツマン
製作サミュエル・ブロンストン
出演者チャールトン・ヘストン
エヴァ・ガードナー
デヴィッド・ニーヴン
伊丹十三
音楽ディミトリ・ティオムキン
撮影ジャック・ヒルデヤード
編集ロバート・ローレンス
配給アライド・アーチスツ
公開アメリカ合衆国の旗 1963年5月29日
日本の旗 1963年10月19日
上映時間160分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
製作費US $17,000,000
配給収入3億3933万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

北京の55日』(ペキンの55にち、英語: 55 Days at Peking)は、1963年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画。清朝末期に義和団の乱が起こり、首都北京に義和団が押し寄せて、外国人居留区が包囲されて11か国の居留民が籠城して55日間を戦った物語を描いている。ニコラス・レイ監督で主演はチャールトン・ヘストンエヴァ・ガードナーデヴィッド・ニーヴン。音楽はディミトリ・ティオムキン

他の言語で
Lëtzebuergesch: 55 Days at Peking
Nederlands: 55 Days at Peking
português: 55 Dias em Pequim
srpskohrvatski / српскохрватски: 55 Days at Peking
Tiếng Việt: 55 Ngày ở Bắc Kinh