北京の55日

北京の55日
55 Days at Peking
55-Days-Peking.jpg
監督ニコラス・レイ
脚本フィリップ・ヨーダン
バーナード・ゴードン
ロバート・ハマー
ベン・バーツマン
製作サミュエル・ブロンストン
出演者チャールトン・ヘストン
エヴァ・ガードナー
デヴィッド・ニーヴン
伊丹十三
音楽ディミトリ・ティオムキン
撮影ジャック・ヒルデヤード
編集ロバート・ローレンス
配給アライド・アーチスツ
公開アメリカ合衆国の旗 1963年5月29日
日本の旗 1963年10月19日
上映時間160分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
製作費US $17,000,000
配給収入3億3933万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

北京の55日』(ペキンの55にち、英語: 55 Days at Peking)は、1963年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画。清朝末期に義和団の乱が起こり、首都北京に義和団が押し寄せて、外国人居留区が包囲されて11か国の居留民が籠城して55日間を戦った物語を描いている。ニコラス・レイ監督で主演はチャールトン・ヘストンエヴァ・ガードナーデヴィッド・ニーヴン。音楽はディミトリ・ティオムキン

解説

製作はサミュエル・ブロンストンで、当時スペイン・マドリードに本拠を置いて「キング・オブ・キングス」「エル・シド」「ローマ帝国の滅亡」など歴史劇の大作を70ミリで次々と撮影して話題となった。この後、50年代から続いたワイドスクリーンでの大作主義が下火となり、負債をかかえて倒産した。監督は ニコラス・レイでジェームズ・ディーン主演の「理由なき反抗」の監督でもある。また大規模な戦闘場面は「ベン・ハー」で馬車馬競走を、「史上最大の作戦」で海岸の戦闘シーンを専門にメガホンを取ったアンドリュー・マートンが監督[2]して、北京城内での壮大な戦闘シーンを撮っている。音楽はディミトリ・ティオムキンで「真昼の決闘」や「OK牧場の決闘」など話題曲を多数送り出していて、この映画では中国風の旋律を使うと同時に、最後の援軍到着時には各国の行進曲[3]を巧みにアレンジして列国の北京入城のバックに勇壮なマーチを演奏している。

また日本から伊丹十三[4]が当時としては珍しく米国の超大作に出演して日本軍将校柴五郎を演じている。

他の言語で
Lëtzebuergesch: 55 Days at Peking
Nederlands: 55 Days at Peking
português: 55 Dias em Pequim
srpskohrvatski / српскохрватски: 55 Days at Peking
Tiếng Việt: 55 Ngày ở Bắc Kinh