化学物質

化学物質(かがくぶっしつ、chemical substance)とは、分野や文脈に応じて以下のような様々な意味で用いられている言葉である。

  1. 原子、分子および分子の集合体や高分子重合体のような、独立かつ純粋な物質[1]混合物不純物が多いものは除外される。特に化学が研究対象とするような物質[2]
  2. 元素または化合物に化学反応を起こさせることにより得られる化合物(化審法における定義)。
  3. 人工的、あるいは工業的に合成した物質。天然物に対する概念として用いられる。なお広辞苑は、この意味の存在に言及した上で「元々このような意味はない」と指摘している[2]

アメリカ化学会が発行している Chemical Abstracts 誌で使用される化合物番号(CAS登録番号)が付与された物質の数は約3000万種であり、うち工業的に生産されているもの(すなわち上記3に該当する物質)は約10万種、世界で年間1000トン以上生産されるものは5000種程度とされる。欧州連合(EU)では新たにREACH (Registration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals) を定め評価実施を行っている。

以下、特に断りがなければ上記の定義のうち3の定義による「化学物質」について述べる。

他の言語で
azərbaycanca: Maddə
беларуская (тарашкевіца)‎: Рэчыва
български: Вещество
čeština: Látka
Чӑвашла: Япалалăх
Ελληνικά: Χημική ουσία
Esperanto: Kemiaĵo
euskara: Gai kimiko
Võro: Ollus
עברית: כימיקל
Kreyòl ayisyen: Sibstans
հայերեն: Նյութ
Bahasa Indonesia: Zat kimia
italiano: Sostanza pura
Basa Jawa: Zat Kimia
ქართული: ნივთიერება
қазақша: Химикаттар
ភាសាខ្មែរ: សារធាតុគីមី
한국어: 화학 물질
Кыргызча: Зат
олык марий: Эмен
македонски: Супстанца
Bahasa Melayu: Bahan kimia
Nederlands: Stof (scheikunde)
norsk nynorsk: Kjemikalie
português: Substância
русский: Вещество
chiShona: Mushonga
Basa Sunda: Bahan kimia
тоҷикӣ: Модда
українська: Речовина
vèneto: Sostansa
Tiếng Việt: Hóa chất
中文: 化学物质
Bân-lâm-gú: Hòa-ha̍k bu̍t-chit
粵語: 化學物質