加藤建夫

加藤 建夫
Major General Tateo Kato. (Imperial Japanese Army).jpg
加藤建夫(1942年初頭の南方戦線にて)
生誕1903年9月28日
日本の旗 日本 北海道 上川郡東旭川村
死没 (1942-05-22) 1942年5月22日(38歳没)
ビルマ(現ミャンマー)アレサンヨウ西方沖(ベンガル湾
所属組織大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴1918 - 1942
最終階級陸軍少将
墓所多磨霊園
愛宕墓地
テンプレートを表示

加藤 建夫(かとう たてお、1903年(明治36年)9月28日 - 1942年(昭和17年)5月22日)は、日本陸軍軍人戦闘機操縦者。最終階級陸軍少将位階勲等従四位勲三等功二級。北海道上川郡東旭川村(現:旭川市東旭川町)出身。旭川中学(現:北海道旭川東高等学校)、仙台陸軍幼年学校陸軍士官学校陸軍大学校(専科)卒。

太平洋戦争大東亜戦争)緒戦時、戦隊長として「加藤隼戦闘隊」こと飛行第64戦隊を率い、一式戦闘機「隼」をもって活躍した、帝国陸軍(陸軍航空部隊)のみならず日本軍を代表するエース・パイロットの一人。

他の言語で
English: Tateo Katō
français: Tateo Katō
polski: Tateo Katō