副腎皮質

副腎皮質
Gray1185.png
副腎皮質
ラテン語cortex glandulae
suprarenalis
英語Adrenal cortex
グレイの解剖学書籍中の説明(英語)

副腎皮質(ふくじんひしつ、Adrenal cortex)は、アルドステロンコルチゾールのそれぞれを含む鉱質コルチコイド糖質コルチコイドの生産を通してストレス反応を調停する、副腎の周囲に位置する部分である。また、男性ホルモンのアンドロゲンを合成する場所でもあり、たとえ女性でも、ここでアンドロゲンが合成される。

副腎皮質は、その組織に基づいて、3つの異なる層(区域)に分類することができる。副腎の外周側から、球状層(球状帯)、束状層(束状帯)、網状層(網状帯)の順番で重なっており、網状層の内側には副腎髄質が存在する。なお、ヒトでは副腎皮質が、副腎全体の75%以上を占めている。このうち、中層部の束状層だけで副腎皮質全体の8割弱(つまり副腎全体で見ても、束状層だけで6割弱)を占める。次に多いのが最外部の球状層で副腎皮質の15%程度を占め、残りの7%程度が網状層である。

名称 主生成物
最も外面の皮質層 球状帯 鉱質コルチコイド (例、アルドステロン)
中央の皮質層 束状帯 糖質コルチコイド (例、コルチゾール)
最も深部の皮質層 網状層 弱いアンドロゲン (例、デヒドロエピアンドロステロン)