前成説

オランダの科学者 ハルトゼーカー (Nicolaas Hartsoeker) が唱えた精子の姿。中にホムンクルスが入っている。精虫論における前成説的主張の典型である。
Jan Swammerdam, Miraculum naturae sive uteri muliebris fabrica, 1729

前成説(ぜんせいせつ)とは、 生物、特に 動物発生に関する古い 仮説であり、 などの内部に生まれてくる子の構造が既に存在しているという考え方のことである。古くは支配的であったが、 18世紀にほぼ否定された。しかしより広い見方からは現在においても一定の重要性が認められる。

概説

生物の発生において、 生殖細胞の中にあらかじめ構造があり、これに基づいて発生が行われる、という考えを前成説(preformation theory)という。その最も素朴なものは、卵の中に 子供の形のひな型が入っており、次第にそれが展開するのが発生の過程だ、というものである。このような考え方はごく古くから存在し、18世紀ころまでは専門家にも広く支持された。 顕微鏡が生物研究に利用されるようになると、これもこの説に利用された。 精子が発見されると、卵と精子のどちらにひな型が入っているかの判断が分かれた。発生の詳細が明らかになるにつれて、次第に形態が作られて行くという 後成説に取って代わられた。

ただし、生殖細胞のなんらかの構造が発生の過程を決める、というような広い意味の前成説は現代も一定の役割を担っている。

他の言語で
azərbaycanca: Preformizm
eesti: Preformism
Հայերեն: Պրեֆորմիզմ
italiano: Preformismo
Кыргызча: Преформизм
Nederlands: Preformationisme
polski: Preformacja
português: Preformismo
русский: Преформизм
Türkçe: Ovizm
українська: Преформізм
oʻzbekcha/ўзбекча: Preformizm