切頂十二面体

切頂十二面体

切頂十二面体(せっちょうじゅうにめんたい、truncated dodecahedron)、または切頭十二面体(せっとうじゅうにめんたい)、切隅十二面体(せつぐうじゅうにめんたい)とは、 半正多面体の一種で、 正十二面体の各頂点を切り落としてできる 立体である。

一辺の長さを a とすると、

  • 表面積:
  • 体積:
  • 外接球半径:
  • 星型の数(表面のみ):1119 (完全対称:580、捩れた星型:539)
  • 外部リンク

外部リンク

他の言語で