分生子

分生子(ぶんせいし)というのは、 子嚢菌及び 担子菌門が形成する無性胞子のことである。ある程度はっきりした柄の上に、外生的に作られる。その形成の過程は体細胞分裂による。また、分生子のみで繁殖する 菌類のことを 不完全菌という。

分生子の特徴

分生子(Conidia)というのは、主として 子のう菌および 担子菌が、 無性生殖の方法としてつくる 胞子のことである。 不完全菌の形成する胞子も分生子である。 厚膜胞子を分生子に含める場合もあるが、一般的ではない。栄養 菌糸体の一部が分画されてできる硬膜胞子とは異なり、ある程度はっきりとした専用の枝(分生子柄)の先の方に作られる。形成されるときの細胞分裂は、 体細胞分裂である。分生子は、分生子柄の先の方に、外生的に作られる。つまり、元になる 細胞の内部に作られるのではなく、既存の細胞から外へ出芽するように作られるか、既存の細胞が分画される形でできる。実際には、それだけで論じられないような、様々な方法で作られているが、根本的にはこの二つに分けられる。

分生子の形は様々である。一般に 胞子といえば単細胞と思われがちであるが、分生子には、単細胞のものも、多細胞のものもある。全体の形は、球形のものから複雑な形のものまである。それらは菌類の重要な分類的な特徴となっている。陸生のものでは、球形、楕円形、円柱形といった、単純な形のものが主である。 水生不完全菌では、分生子はねじれた棒状、いくつもの枝を出した形、中心点から4本の枝を立体的に伸ばしたものなど、複雑で多様な形のものが知られている。陸上でもそのような分生子を作るものがあり、それらをまとめて水生不完全菌の発見者にちなんでIngoldian Fungiと呼ぶ。

菌糸体や分生子は、透明のものや着色したものがある。 コロニーを肉眼で見れば、一定の色をしていても、顕微鏡下では透明に見える場合もある。

分生子柄

分生子柄は単純なもの、複雑に分枝するもの、胞子をつけない菌糸が飾りのようにのびているものなどあり、これもまた分類以上の重要な特徴である。また、分生子柄をバラバラに作るものの他に、束になって先端にたくさんの分生子をつける分生子束をつくるもの、まとまって分生子柄のマットのようになった分生子座を作るもの、さらにその周辺を覆う構造ができて、小さなキノコのようになった分生子果を作るものもある。その大きなものは クモタケのように キノコ扱いされるものもある。

他の言語で
العربية: غبيرة
català: Conidi
čeština: Konidie
Cymraeg: Conidiwm
Deutsch: Konidie
English: Conidium
Esperanto: Konidio
español: Conidio
euskara: Konidio
فارسی: کنیدی
français: Conidie
galego: Conidio
Հայերեն: Կոնիդիումներ
Bahasa Indonesia: Konidium
Ido: Konidio
italiano: Conidi
ქართული: კონიდიუმი
한국어: 분생자
latviešu: Konīdijas
Nederlands: Conidium
polski: Konidium
português: Conídio
русский: Конидии
українська: Конідія