准将

フランス陸軍准将の階級章

准将(じゅんしょう)は 軍隊の階級の一。 北大西洋条約機構の階級符号では、OF-6に相当する。最下級の 将官あるいは最上級の 佐官に区分され、 少将の下、 大佐の上に位置する。国によっては存在しないこともある。英語では陸軍や空軍の場合、通常ブリガディア( brigadier)ないしブリガディア・ジェネラル( brigadier general)と呼称するが、フランス陸軍などのように、ブリゲード・ジェネラル( brigade general、旅団将軍)と表現することもある。なお海軍の場合、同格とされるコモドール( commodore)は、その職制から通常日本語では 代将と呼称される事が多く、 少将や下級少将を准将相当官とするなど国によってその表現はまちまちである。陸海空軍でそれぞれ呼称が異なる准将を総称し One-star rankと呼ぶこともある。


歴史

ルーヴォア候

かつて、Colonelは階級(大佐)であると共に役職(連隊長)でもあったため、大佐になるためには自費で連隊を編成・維持しなければならなかった。そのため、財力のある貴族は経験が無くても大佐になれる一方、 少尉(或は下士官・兵)から叩上げた優秀な人材でも資金力がなければ 中佐止まりだった。そこで、これらの人材を将官に登用するために、 ルイ14世時代の1667年に フランスで、陸軍大臣 ルーヴォア侯爵ミシェル・ル・テリエによる陸軍改革の一環として制定された。そのため、当初の准将-Brigadier des armées du Roiは大佐を経ないで、中佐から任用された。 [1]

これにより、 アンシャン・レジーム期に於ける陸軍将官は、

の七階級制 [5]となっていた。1779年制定された規定で将官の階級は大佐の正肩章に星章の数で示すように定められた [6]

この時期の准将は1788年に廃止され [7] [8] [9]、少将が最下級の将官の階級となったが、星章の数は変更されなかった。現在のフランス陸軍の准将-Général de brigadeはこのアンシャンレジーム期の少将の呼称を1793年に改称したものであるが、1812~1848年までは旧呼称に戻されていた。また当階級を准将としたのは戦後、NATO諸国の人事バランスに合わせてOF-6相当と定められたため、これまでの呼称を少将 [10] [11]としていたのを呼び変えたためであり、 旧准将と現准将は全くの別物である事に注意する事が必要である。

准将は伝統的に置かない 国軍もある。 そのような国では 上級大将・上級中将を 将官に置く場合がある。


他の言語で
azərbaycanca: Briqadir
беларуская: Брыгадны генерал
Ελληνικά: Ταξίαρχος
Esperanto: Brigada generalo
فارسی: سرتیپ
Bahasa Indonesia: Brigadir Jenderal
한국어: 준장
Bahasa Melayu: Brigedier Jeneral
Nederlands: Brigadegeneraal
norsk nynorsk: Brigadegeneral
português: General de brigada
srpskohrvatski / српскохрватски: Brigadni general
Simple English: Brigadier general
slovenčina: Brigádny generál
slovenščina: Brigadni general
српски / srpski: Бригадни генерал
svenska: Brigadgeneral
Türkçe: Tuğgeneral
українська: Бригадний генерал
Tiếng Việt: Chuẩn tướng
中文: 准將