准士官

准士官(じゅんしかん)とは、下士官出身者で士官に準じる待遇を受ける者の分類をいう。階級名としては、准尉(じゅんい)・特務曹長(とくむそうちょう)・兵曹長(へいそうちょう)などの語が当てられることが多い。

沿革

近代的軍隊草創期においては、士官は特定の階層の出身者によって構成された。このことから、一般の下士官が士官に昇進することは困難であった。そのため、下士官の中で功労があり特別に処遇すべき者に、士官でもなく下士官でもない士官相当の待遇を与える必要が生じた。そこで、設けられたのが准士官の制度である。英語にいうWarrant Officer米音でウォーラント オーフィサー、英音でウォラント・オフィサ)とは、准士官が辞令(warrant)を受けて士官の待遇を与えられた武官(officer)であったことに由来する。西欧諸国では、准士官中を更に複数等級に分類する国が多い。

他の言語で
فارسی: استوار
italiano: Warrant officer
한국어: 준사관
Bahasa Melayu: Pegawai Waran
srpskohrvatski / српскохрватски: Zastavnik
српски / srpski: Водник прве класе
українська: Ворент-офіцер
Tiếng Việt: Chuẩn úy
中文: 准尉