内野西が丘駅

内野西が丘駅
駅舎(2006年3月)
駅舎(2006年3月)
うちのにしがおか
Uchinonishigaoka
越後赤塚 (3.8km)
(1.6km) 内野
所在地新潟市西区内野西が丘2丁目13-5[1][2][3]
所属事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線越後線
キロ程68.7km(柏崎起点)
電報略号ウニ
駅構造地上駅
ホーム1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
1,079人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日2005年平成17年)3月1日[1]
備考無人駅[1](自動券売機 有)
テンプレートを表示

内野西が丘駅(うちのにしがおかえき)は、新潟県新潟市西区内野西が丘2丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)越後線である[1][2][3]

現在造成が進められている住宅地「パレットタウン西新潟」の開発事業の一環として開設された[1]

歴史

内野西が丘駅周辺は1970年代の福対協平和台団地の開発などから急速に宅地化が進み、また1975年には新潟西高校が開校、4年後に内野小学校から分離した西内野小学校の開校など、現在に至るまで人口が増加し続けている。しかしこの地区は、越後線が近くを通っているにもかかわらず、公共交通機関は新潟交通路線バスだけしかなく、周辺住民は長年に亘って新潟市や国鉄JR東日本新潟支社に対して新駅の設置を要望してきたものの、なかなか実現に至らなかった。

しかし1990年代後半、新潟西高校の東側にある水田を宅地として開発することが決まり、これに合わせて新駅の設置についても改めて検討がなされることとなった。2000年5月17日、内野西土地区画整理組合(当時は同組合設立準備委員会)が、新駅設置の要望書をJR新潟支社に提出。その後新駅設置についての手続きが進められた。2004年2月6日、同組合が駅舎・駅前広場の建設費を負担する条件で新駅設置の施工協定が締結され、順次工事に着手。一般公募により、駅名「内野西が丘」が4月16日に決定した。駅名決定までの仮称は「西高校前」であった。

他の言語で