共生

共生(きょうせい、SymbiosisあるいはCommensal)とは、複数種の生物が相互関係を持ちながら同所的に生活する現象。共に生きること。

元の用字は共棲であるとする説もあるが、最新の研究では、共生は明治21年に三好学の論文で用いられていることが確認されており[1]共棲の用例より早い。確認されている範囲では、日本に初めてSymbiosisという概念を紹介した最初の研究者は三好学であるので、彼がこの訳を当てた可能性が高いともされる。日本では1922年に椎尾弁匡が仏教運動として共生運動を始め、共生が単なる生物学的な意味だけでなく、哲学的な意味を含む言葉になっていった。

共生のタイプ

共生現象のうち利害関係が分かりやすいものにはそれを示す名が与えられている。

  • 相利共生(そうり - ) … 双方の生物種がこの関係で利益を得る場合
  • 片利共生(へんり - ) … 片方のみが利益を得る場合
  • 片害共生(へんがい - ) … 片方のみが害を被る場合
  • 寄生(きせい) … 片方のみが利益を得、相手方が害を被る場合

しかし、これら相互の間には明確な境界はなく、同じ生物の組み合わせでも時間的に利害関係が変化したり、環境要因の影響を受けて関係が変わったりすることもある。また、同一の現象であっても着目する時間や空間のスケールによって害とも益とも見なされる場合がある。共生は利害関係によって単純に分類できるものではない。

相利共生だけが共生ではない。利害関係は可変的であったり観察困難だったりするため、利害関係は考慮せず、複数種の生物が相互関係を持ちつつ同所的に生活している状態をすべて共生と呼ぶ。

他の言語で
Afrikaans: Simbiose
العربية: تكافل (أحياء)
azərbaycanca: Simbioz
беларуская: Сімбіёз
беларуская (тарашкевіца)‎: Сымбіёз
български: Симбиоза
bosanski: Simbioza
català: Simbiosi
čeština: Symbióza
dansk: Symbiose
Deutsch: Symbiose
English: Symbiosis
Esperanto: Simbiozo
español: Simbiosis
eesti: Sümbioos
euskara: Sinbiosi
فارسی: هم‌زیستی
suomi: Symbioosi
français: Symbiose
Gaeilge: Siombóis
galego: Simbiose
עברית: סימביוזה
हिन्दी: सहजीवन
hrvatski: Simbioza
Kreyòl ayisyen: Senbyoz
magyar: Szimbiózis
Հայերեն: Սիմբիոզ
Bahasa Indonesia: Simbiosis
íslenska: Samlífi
italiano: Simbiosi
ქართული: სიმბიოზი
қазақша: Селбесу
ಕನ್ನಡ: ಸಹಜೀವನ
한국어: 공생
Кыргызча: Симбиоз
Latina: Symbiosis
lietuvių: Simbiozė
latviešu: Simbioze
македонски: Симбиоза
മലയാളം: സഹജീവനം
Bahasa Melayu: Simbiosis
မြန်မာဘာသာ: ဆင်ဗိုင်အိုစစ်
Nederlands: Symbiose
norsk nynorsk: Symbiose
norsk: Symbiose
Oromoo: Symbiosis
ਪੰਜਾਬੀ: ਸਹਿਜੀਵਨ
polski: Symbioza
português: Simbiose
română: Simbioză
русский: Симбиоз
Scots: Symbiosis
srpskohrvatski / српскохрватски: Simbioza
Simple English: Symbiosis
slovenčina: Symbióza
slovenščina: Sožitje
shqip: Simbioza
српски / srpski: Симбиоза
svenska: Symbios
Tagalog: Simbiyosis
татарча/tatarça: Симбиоз
українська: Симбіоз
Tiếng Việt: Cộng sinh
walon: Biyo-soce
მარგალური: სიმბიოზი
中文: 共生