公安委員会 (フランス革命)

共和暦2年の公安委員会

公安委員会(こうあんいいんかい、: Comité de salut public)は、革命期フランス1793年4月7日から1795年11月4日まで存在した統治機構で、途中1794年7月27日までは事実上の革命政府[注釈 1]。会議場はテュイルリー宮殿に隣接するフロール館パヴィヨン・ド・フロールであった[注釈 2]

自由の確立のためには暴力が必要であるとして「自由の専政[注釈 3]」のために創られ、もとは「祖国の危機[注釈 4]」から脱するための臨時的な独裁機構であったが、次第に国民公会の最も重要な機関となり、恐怖政治[注釈 5]を運営して革命を推進した。

初期にはダントンが、続いてロベスピエールが主導したが、テルミドール9日のクーデターの後は形骸化した。

他の言語で
Alemannisch: Wohlfahrtsausschuss
Bahasa Indonesia: Comité de Salut Public
Lëtzebuergesch: Comité de salut public
srpskohrvatski / српскохрватски: Komitet javnog spasa