(ちょう)は漢字文化圏における単位の一つ。兆がいくつを示すかは時代や地域により異なる。現在、日本台湾韓国香港では 1012 = 1000000000000 を示す。

当初は、10倍ごとに位取りの名称を定める「下数」が行われていたので、一・十・百・千・万・・兆で「兆」は 106 となる。後に行われた「上数」では、兆は億 (108) の億倍で 1016 を指した。「中数」の万万進では上数と同じく 1016万進では億の万倍で 1012 となった。

日本では江戸時代に万進に統一されたので 1012 となる。

中国では、近代まで万万進と万倍が混用され、「兆」はあまり使われていなかった。中華人民共和国では1012 のことは「万億(万亿)」という。現在では「兆」は主にメガ100万)の翻訳語として使われるが、これは下数に相当する。なお、「テラ」は音訳して「太」(または太拉)という。一方、中華民国ではメガの意味で「百万」を、テラの意味で「兆」を使用しているため、混乱の元になっている。

ベトナム語で100万を意味する「triệu」も「兆」の漢字音である。

兆の位および前後の位の命数は以下のようになる。下表が示す通り、兆の位に達するか兆の位を超えると、よく天文学的数字にはねあがるという表現が使われる。

下数万進(現在)万万進上数
105108一億108一億108一億
106
1071011千億1015千万億1015千万億
1012一兆1016一兆1016一兆
1013十兆1017十兆1017十兆
1014百兆1018百兆1018百兆
1015千兆1019千兆1019千兆
1016一京1020一万兆1020一万兆
1021十万兆1021十万兆
1022百万兆1022百万兆
1023千万兆1023千万兆
1024一京1024一億兆
1025十億兆
1026百億兆
千億兆
一万億兆
十万億兆
百万億兆
千万億兆
一京

尚、漢字の「兆」は元々は象形文字で、「きざし」(兆候)を意味していた。動物の骨や亀の甲を焼いて占う亀卜(きぼく)の時に、骨や甲に生じる亀裂の形に象り、占いまたはきざしを意味していた。この亀裂の形によって、「兆」の字が作られた。億の万倍の数(または億倍)を指すのは仮借で、その由来は不明である。漢字の部首である「卜部」も参照されたい。「兆」の部首は「儿 (にんにょう・ひとあし)」である。

欧米の単位

日本などの1兆 (1012) は、英語では trillionフランス語では billion と呼ぶ。

他の言語で
English: Trillion
한국어: 조 (수)
中文:
粵語: