偽の女庭師

偽の女庭師』(にせのおんなにわし、La finta giardinieraK.196は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したオペラ。『偽りの女庭師』、『にせの花作り女』とも訳される。

概要

1774年2月にバイエルン選帝侯マクシミリアン3世から作曲を依頼されたモーツァルトはザルツブルクで作曲に着手した。同年12月に初演される予定だったが延期され、翌1775年1月13日ミュンヘンのザルヴァートル劇場 (Salvatortheater)で初演された。

モーツァルトのイタリア語オペラの多くは戦後一時期まで(地方やベルリン・コーミッシェ・オーパーなどでは現在も)ドイツ語圏ではドイツ語上演されるのが通例だったが、本作は唯一、作曲者の生前に自身の関与によってドイツ語版(ジングシュピール)が制作された作品であり(1780年アウクスブルクで初演)、ロッシーニの『ウイリアム・テル』、ヴェルディの『ドン・カルロ』などと同様の二ヵ国語版併存作品といえる。なお、1978年に発見されるまでオリジナルのイタリア語版は紛失していた。なおドイツ語版は、新全集では『愛ゆえの女庭師』(Die Gärtnerin aus Liebe)と命名されている。

オリジナルの台本はジュゼッペ・ペトロセリーニの作とされ、ドイツ語版はヨハン・アンドレアス・シャハトナーの翻訳による。

なお、モーツァルトはおそらく1775年に2部からなる序曲に第3楽章(K.121)を追加して交響曲(K.207a)とした。