低危険種

低危険種(ていきけんしゅ、Least Concern、LC)は、IUCNで定められた保全状況の1つで、生息状況の評価が行われたが、他のどのカテゴリにも該当しない(または亜種以下)が低危険種に分類される。つまり低危険種とされた種は、絶滅のおそれもなく、近い将来絶滅に瀕する見込みが低い種である。

まだ保全状況が評価されていない種については、生息状況の評価が行われるまでは低危険種とはされず、未評価 (Not Evaluated) とされる。つまり、低危険種に分類されるには、個体群の分布調査や絶滅リスクの評価といった、生息状況を適切に評価できる情報が必要となる。

公益財団法人世界自然保護基金(WWF)ジャパンは、Least concernの呼称を「低危険種」としている[1]

他の言語で
Afrikaans: Veilige spesie
العربية: غير مهدد
български: Незастрашен вид
català: Risc mínim
dansk: Ikke truet
Esperanto: Malplej zorgiga
עברית: ללא חשש
Bahasa Indonesia: Spesies risiko rendah
한국어: 관심대상종
Bahasa Melayu: Kurang membimbangkan
norsk nynorsk: Livskraftig
Simple English: Least Concern
slovenčina: Najmenej ohrozený
svenska: Livskraftig
українська: Найменший ризик
Tiếng Việt: Loài ít quan tâm
中文: 无危物种
粵語: 無危物種