代将

代将(だいしょう、 : Commandeur: Commodore)は 海軍階級又は職位の一つ。

本来は 将官の階級にない 艦長或は 大佐 [1]艦隊戦隊等の 司令官の任に当たる場合に、その期間のみ与えられる職位を指したが、国によっては階級となっている。また、陸軍や空軍のOF-6相当官で佐官として扱われる場合は代将、将官として扱われる場合は准将と使い分けするケースも見られる。

沿革

中世ヨーロッパでは複数の艦船で艦隊を編成する際、その指揮の任に当たる者にアドミラル( : Admiral: Amiral: Admiraal)の称号を与えていた。アドミラルは等級分けされており、それらを総称して、例えばイギリスでは“Flag officer”(海軍将官)と呼ばれるようになった。やがて、将官が身分化して昇任に定員や年功等の理由による制約が出来るようになると、将官の資格を有する者がいない場合、最先任の艦長が艦長の身分のまま複数の艦の指揮をするケースが生じるようになった。そして、それらの者に“代将”の称号が与えられるようになった。代将の制度を最初に設けたのは、 第一次英蘭戦争の頃の オランダ海軍であるとされている。

海軍の軍人にも階級が整備されるようになった後も、「司令官たる大佐」を「艦長たる大佐」よりも上位に位置づける必要があり、将官ではないが「司令官たる大佐」に将官の代理として代将の職位或は階級が設けられている。特に アメリカ合衆国の場合は、19世紀まで海軍将官に任命するには議会の議決が必要となるという手続の煩雑さがあったために、艦隊の指揮官を代将に任じる場合が多かった。


他の言語で
Afrikaans: Kommandeur
العربية: عميد بحري
čeština: Komodor
Deutsch: Kommodore
Ελληνικά: Αρχιπλοίαρχος
español: Comodoro
eesti: Kommodoor
فارسی: دریادار
hrvatski: Komodor
Bahasa Indonesia: Laksamana Pertama
italiano: Commodoro
Bahasa Melayu: Laksamana Pertama
Nederlands: Commodore (rang)
norsk nynorsk: Flaggkommandør
polski: Komodor
português: Comodoro
русский: Коммодор
srpskohrvatski / српскохрватски: Komodor
српски / srpski: Комодор (чин)
українська: Комодор
Tiếng Việt: Phó Đề đốc