今宵、フィッツジェラルド劇場で

今宵、フィッツジェラルド劇場で
A Prairie Home Companion
監督ロバート・アルトマン
脚本ギャリソン・キーラー
製作ロバート・アルトマン 他
製作総指揮フィッシャー・スティーヴンス
出演者メリル・ストリープ
リリー・トムリン
ギャリソン・キーラー
ケヴィン・クライン
音楽リチャード・ドヴォスキー
撮影エドワード・ラックマン
編集ジェイコブ・クレイクロフト
配給ムービーアイ
公開アメリカ合衆国の旗 2006年6月9日
日本の旗 2007年3月3日
上映時間105分
製作国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語英語
製作費$10,000,000
興行収入$20,300,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

今宵、フィッツジェラルド劇場で』(原題: A Prairie Home Companion)は、2006年アメリカ映画。打ち切りの決まったラジオ音楽番組の最後の公開生放送を、劇場の舞台裏とともに描いた群像劇。ロバート・アルトマン監督の遺作となった。

2006年2月の第56回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に選出された。アメリカでは2006年6月9日に760館で公開され、週末興行成績で初登場7位になった。日本では2007年3月3日銀座テアトルシネマBunkamura ル・シネマで公開された後、全国順次公開された。

なお、この映画で描かれているラジオ番組プレーリー・ホーム・コンパニオン』は現在も放送中の実在する番組である。

他の言語で