人事労務管理

人事労務管理(じんじろうむかんり、 : human resources management, personnel labor management, etc)は、 経営管理の領域の一つで、組織(主に企業)が従業員に対して行う管理活動。

人事管理」、「労務管理」、「人的資源管理」とも表現する。本来は論者や文脈により、それぞれ語の指す意味合いが異なる場合もある [1]が、本項では一括して扱う。

なお、企業の具体的な人事管理政策については 人事の記事も参照。

概要

人事労務管理とは、企業の経営資源のヒト(労働力)・モノ(生産手段……設備や原材料など)・カネ(資本)の3要素 [2]のうち、ヒトを対象とする管理活動である。ここでの「管理」とは、自ら意思を持ち活動する人間を、企業目的の達成のために制御・統制することである。

カール・マルクスが著書『 資本論』で言及しているように、 資本主義社会においては、財やサービスのみならず労働力(労働力の使用権)も商品として売買されている [3]。ただ、労働力はその販売者である労働者と不可分であり、購入した労働力は労働者の意志を通じて行使され、必ずしも購入者(企業側)の自由にならないため、他の一般的な商品とは大きく異なる。そこで、企業を円滑に運営し、労働力を効率的に使用する(労働者の能力を最大限に引き出す)ために適切な人事労務管理が必要となる。

他の言語で
български: HR мениджмънт
čeština: Personalistika
Deutsch: Personalwesen
norsk: HRM
Tiếng Việt: Quản trị nhân sự