五式戦闘機

川崎 キ100 (五式戦闘機)

五式戦一型(キ100-I)

五式戦一型(キ100-I)

五式戦闘機(ごしきせんとうき)は第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍戦闘機である。キ番号(試作名称)はキ100。略称・呼称は五式戦[1]。他陸軍機に用いられた公式愛称、また本機固有の連合軍コードネームも存在しない。ただし書類上などでは便宜上「Tony II」とされたことがあったという[2]。川崎内では「きのひゃく」または「ひゃく」[3]、陸軍航空敞では「きひゃく」または「ひゃく」と呼ばれていた[3]。以下、本項では一般的な認知度の高い「五式戦闘機」の呼称を用いる。

開発・製造は川崎航空機、設計主務者は土井武夫

他の言語で
čeština: Kawasaki Ki-100
español: Kawasaki Ki-100
فارسی: کای-۱۰۰
français: Kawasaki Ki-100
Bahasa Indonesia: Kawasaki Ki-100
italiano: Kawasaki Ki-100
한국어: 5식 전투기
Bahasa Melayu: Kawasaki Ki-100
português: Kawasaki Ki-100
русский: Kawasaki Ki-100
slovenčina: Kawasaki Ki-100
slovenščina: Kawasaki Ki-100
тоҷикӣ: Kawasaki Ki-100
Türkçe: Kawasaki Ki-100
українська: Kawasaki Ki-100
Tiếng Việt: Kawasaki Ki-100