二股

二股(ふたまた)とは、二人の恋人と同時交際すること。様々な事象において、主に対立する二つの両方に味方するような場合もこの言葉が使われる。戦国時代末期、伊達政宗が「二股膏薬」(右足の股にも左足の股にもいつの間にかついている貼り薬。風見鶏と同様の意味)と揶揄されていたようであり、本来はこちらの意味が主流だった。

語源の有力説

  • 二人の異性または同性と同時に交際していることを、「二人に股を使っている」(二人とセックスしている)という意味から「二股」となった。
  • 「二人にまたいで交際している」ということから「二また」(ただし、「またぐ」は漢字で「跨ぐ」と書く)となった。
  • 膏薬(貼り薬)を片方の足の股に貼り付けておくと、いつの間にか、もう片方の足の股にくっついていることがあるので、それを節操ない様子に絡めて表現した。
他の言語で
Afrikaans: Promiskuïteit
Boarisch: Puderant
беларуская: Праміскуітэт
беларуская (тарашкевіца)‎: Праміскуітэт
български: Промискуитет
bosanski: Promiskuitet
čeština: Promiskuita
Deutsch: Promiskuität
English: Promiscuity
Esperanto: Promiskueco
español: Promiscuidad
euskara: Promiskuitate
hrvatski: Promiskuitet
Bahasa Indonesia: Promiskuitas
italiano: Promiscuità
македонски: Промискуитет
Nederlands: Promiscuïteit
português: Promiscuidade
русский: Промискуитет
srpskohrvatski / српскохрватски: Promiskuitet
Simple English: Promiscuity
slovenčina: Promiskuita
српски / srpski: Промискуитет
svenska: Promiskuitet
Tagalog: Promiskuwidad
українська: Проміскуїтет
中文: 劈腿族