主権国家体制

主権国家体制(しゅけんこっかたいせい)とは、中世における普遍的世界の崩壊にともなって16世紀 - 18世紀ヨーロッパで形成された国家のあり方と世界秩序のことである。各の個別性および領域支配を前提とし、ローマ教皇神聖ローマ皇帝ではなく、君主ないし共和国主権が最高で絶対な存在とされる。間で戦われた百年戦争およびドイツを舞台に繰り広げられた三十年戦争を通じて形成され、両戦争によって近代国家のかたちが整えられていった。これが1、2箇所で出現するのではなく、諸国家のシステムとしてヨーロッパ全域で成立した点が重要である。このシステムは、18世紀 - 19世紀を通じて世界的に拡大し、現代も基本的に踏襲されている世界政治システムである。

主権国家体制の特徴

近代世界秩序の基本的枠組みである主権国家体制は、

  1. 国家政府に優越するような権威が国内にも国外にも存在せず、
  2. 国家間関係は基本的にアナーキーであると想定され、
  3. 警察など「暴力装置」を独占した諸国家がたがいに対峙し、
  4. 各国が国民経済経済的自立性の確立)をめざし、
  5. 各国が固有の文化や価値、イデオロギーを確立して競いあう

という諸特徴をもっている。このシステムの基礎は、後述するように16世紀から17世紀にかけてのヨーロッパで確立されたが、世界の一体化を経て、 世界問題と呼ばれる問題群の登場によって、今日、変容を遂げつつある。

他の言語で
aragonés: Estato sobirán
azərbaycanca: Suveren dövlət
беларуская (тарашкевіца)‎: Сувэрэнная дзяржава
brezhoneg: Stad emveliek
català: Estat
Esperanto: Suverena ŝtato
español: Estado soberano
føroyskt: Fullveldisríki
français: État souverain
Fiji Hindi: Rajya
Bahasa Indonesia: Negara berdaulat
íslenska: Fullvalda ríki
Patois: Stiet
한국어: 주권국
Bahasa Melayu: Negara berdaulat
Nederlands: Soevereine staat
ਪੰਜਾਬੀ: ਸਿਰਮੌਰ ਰਾਜ
română: Stat suveran
srpskohrvatski / српскохрватски: Suverena država
Simple English: Sovereign state
српски / srpski: Суверена држава
svenska: Suverän stat
Türkçe: Egemen devlet
татарча/tatarça: Суверен дәүләт
українська: Суверенна держава
中文: 主权国家
Bân-lâm-gú: Chú-khoân kok-ka