中華民国国軍

中華民国国軍
中華民國國軍
ROC Ministry of National Defense Seal.svg
中華民国国防部の紋章
派生組織Flag of the Republic of China Army.svg 中華民国陸軍
Flag of the Republic of China.svg 中華民国海軍
 • Flag of the Republic of China Marine Corps.svg 中華民国海軍陸戦隊
Flag of the Republic of China Air Force.svg 中華民国空軍
Flag of the Republic of China Military Police.svg 中華民国憲兵
指揮官
総統中華民國總統旗 蔡英文
国防部長ROC Minister of National Defense Flag.svg 馮世寬中国語版
参謀総長ROC General Chief of Staff of the Ministry of National Defense Flag.svg 李喜明中国語版海軍大将
関連項目
歴史国民革命軍
黄埔軍官学校
テンプレートを表示

中華民国国軍(ちゅうかみんこくこくぐん)は、中華民国台湾)の軍隊。徴兵制を採用しており下士官、兵は主に徴兵、将校は志願により構成されている。また戦時には海岸巡防署(各国の沿岸警備隊に相当)が国軍に編入される。

中華民国軍は中華民国憲法第36条に規定されており、中華民国総統が陸海空軍の統帥権を持つ。国防部組織法・国防部参謀本部組織法・国防部政治作戦局組織法・国防部軍備局組織法・国防部軍医局組織法・国防部主計局組織法の、いわゆる国防六法で定義されている。第20条の規定により、徴兵制が敷かれていて、満19歳以上の男子は、12カ月間の兵役義務(2003年までは22カ月、現在は12ヶ月)を課せられていたが、2012年に停止された。なお、4ヶ月の軍事教練期間は残す予定である。基礎訓練と専門訓練をそれぞれ8週間ずつ行う。基礎訓練は1日8時間の計320時間、専門訓練は1日7時間の計280時間。訓練終了後は予備役に編入される。訓練終了時の合格基準は、基礎は腹筋運動と腕立てを2分間25回ずつと19分以内の3000メートル完走、専門段階では腹筋と腕立てを2分間32回ずつと17分以内の3000メートル完走となっている。国軍である中華民国軍は、正規軍で陸軍約20万人、海軍約4万5000人(内海軍陸戦隊約1万5000人)、空軍約5万5000人、憲兵隊約1万2000人、予備役で約165万人の兵力を擁している。主力戦車926両以上、駆逐艦・フリゲート艦26隻、潜水艦4隻、作戦機約477機となっている。

2016年5月には馮世寬国防部長が、サイバー部隊を陸海空軍と並ぶ「第4軍種」として設立する計画を表明した[1]

1949年以降の中華人民共和国との軍事的対立を背景として、中華民国の軍事施設には最新鋭の兵器、軍用機、軍用船を装備する努力を続けており、2005年度の国防関係予算は国家予算全体の約15%に相当する2,453億元(約7,400億円)となっている。2010年度の国防予算は、3,150億元(約9,450億円)となり、馬英九総統はGDPの約3%を下回らないように努力している。近年では国防関係予算の削減が行なわれており、政府は特別予算を組むなどして対応している。将来的には総兵力を27万5,000人から21万5,000人まで削減、現在には17万人まで削減予定。女性兵士の割合は7.7%で、女性軍人は約1万5000人となっている。上限は8%だが、将来的には女性定員枠を拡大する方針を明らかにしている。


階級

  • 将官
    • 特級上将(元帥、2000年に廃止された)
    • 一級上将(上級大将)
    • 二級上将(大将)
    • 中将
    • 少将
  • 佐官
    • 上校(大佐)
    • 中校(中佐)
    • 少校(少佐)
  • 尉官
    • 上尉(大尉)
    • 中尉
    • 少尉
    • 准尉(現行制度では廃止された)
  • 下士官
    • 一等士官長
    • 二等士官長
    • 三等士官長
    • 上士
    • 中士
    • 下士
    • 上等兵
    • 一等兵
    • 二等兵
他の言語で