中等教育

中等教育(ちゅうとうきょういく、Secondary education)とは、学校教育を、主に人の発達段階(年齢)に応じ初等教育、中等教育、第3期の教育高等教育)の3段階に分ける考え方での第2段階のことである[1]。初等教育と高等教育をつなぐ年代を指す。

国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) が策定する国際標準教育分類 (ISCED) は、前期中等教育(ぜんきちゅうとうきょういく、Lower secondary education)をレベル2、後期中等教育(こうきちゅうとうきょういくUpper secondary education)をレベル3として分類している[1]

概要

日本は、中学校で「義務教育として行われる普通教育」(このうち基礎的なものを除く)[2]、高等学校で「高度な普通教育」と「専門教育[3]、中等教育学校で「義務教育として行われる普通教育」(このうち基礎的なものを除く)並びに「高度な普通教育」及び「専門教育」[4]がそれぞれ提供される。

学制改革後の日本は、ほぼ全ての成人は中等教育を修了している[5]

前期中等教育を行う学校

初等教育修了者を対象とする。

後期中等教育を行う学校・教育施設

上記の前期中等教育修了者を対象とする。

前期中等教育修了者を対象とする学校として、5年制[6]高等専門学校(「高専」)もあり、教育課程は後期中等教育で行う内容も包含するが、高等教育機関であり、後期中等教育機関である高等学校とは別個の教育編成が組まれている。

他の言語で