中尉

中尉(ちゅうい)は、 軍隊の階級の一。 将校士官)に相当。 尉官に区分され、 大尉の下、 少尉の上に位置する。

日本

旧日本軍

明治3年9月18日太政官布達第604号で兵部省に設けられた陸海軍大将から陸海軍權曹長までの11等級の8番目として陸軍中尉と海軍中尉が設けられたのが最初である。これらは 四等官に倣って官位と分掌事務がセットとなった職員の等級であったが、明治6年5月8日太政官布達第154号による官等表改正で軍人の階級呼称として引き続き用いられ、 西欧近代軍の階級呼称の序列に当てはめられることとなった。

大日本帝国陸海軍の中尉並びに同相当官は 高等官七等相当であり、 勲六等乃至五等に叙せられ、武功著しい場合は功五級乃至三級の功級に叙せられ 金鵄勲章を授与された [1]

自衛隊

自衛隊では2尉(略称)と呼称する。警察では 警部補に相当し、 中央官庁では本省 係長主任及び 係員に相当する [2]

尚、以下の条件に当てはまる者は、おおよそ1年以内の規定の教育期間を経た後、すぐさま二等陸・海・空尉に任命される。

  • 一般大学の大学院修士課程修了者(見込み含)で自衛隊幹部候補生試験に合格した者。ただし、修了見込みの身分で試験に合格した者は、その年度に修了できなかった場合、採用取消となる。
  • 防衛医科大学校を卒業後、医師国家試験に合格した者

いずれも競争率は数十倍に上り、難関である。

尚、民間企業などの自衛隊以外の職域で即戦力となる技能を持つものを2尉以上の階級で採用する『公募幹部』と呼ばれる 制度も存在する。主に医師、歯科医、薬剤師、弁護士、エンジニアなどがこれに当たる。 これらは経験と年齢によっては1尉や3佐の階級を以って採用されるケースもある( 特技兵を参照)。

他の言語で
asturianu: Teniente
azərbaycanca: Leytenant
башҡортса: Лейтенант
беларуская: Лейтэнант
български: Лейтенант
català: Tinent
dansk: Løjtnant
Ελληνικά: Υπολοχαγός
English: Lieutenant
Esperanto: Leŭtenanto
español: Teniente
eesti: Leitnant
euskara: Teniente
فارسی: ستوان
suomi: Luutnantti
Frysk: Luitenant
galego: Tenente
עברית: לוטננט
hrvatski: Poručnik
Kreyòl ayisyen: Lieutenant
Հայերեն: Լեյտենանտ
italiano: Tenente
ქართული: ლეიტენანტი
한국어: 중위
lietuvių: Leitenantas
latviešu: Leitnants
Bahasa Melayu: Leftenan (TLDM)
Nederlands: Luitenant
norsk nynorsk: Løytnant
norsk: Løytnant
polski: Lejtnant
پښتو: بريدمن
português: Tenente
română: Locotenent
русский: Лейтенант
Scots: Lieutenant
Simple English: Lieutenant
svenska: Löjtnant
Türkçe: Teğmen
татарча/tatarça: Лейтенант
українська: Лейтенант
اردو: نقیب
oʻzbekcha/ўзбекча: Leytenant
Tiếng Việt: Trung úy
中文: 中尉
粵語: 中尉