不可触民

不可触民(ふかしょくみん)とは、カースト制度(ヴァルナ・ジャーティ制)の外側にあって、インドヒンドゥー教社会において差別されてきた人々である。インド憲法では、スケジュールド・カースト(Scheduled Castes)と呼称する。現在では、1950年に制定されたインド憲法17条により、不可触民を意味する差別用語は禁止、カースト全体についてもカーストによる差別の禁止も明記している。アチュート、アンタッチャブル、アウトカーストもしくはアヴァルナと呼ばれ、不可触民は自分たちをダリットと呼ぶのを好んだ[1][2]

またインド憲法第341条により、大統領令で州もしくはその一部ごとに指定された諸カースト(不可触民)の総称として、スケジュールド・カースト(指定カースト)と呼称し、留保制度により、公共機関や施設が一定割合(約25%)で優先的雇用機会を与えられ、学校入学や奨学金制度にも適用される。

他の言語で
العربية: منبوذون
azərbaycanca: Dalit
भोजपुरी: दलित
català: Intocabilitat
čeština: Nedotknutelní
dansk: Dalit
Deutsch: Dalit
English: Dalit
Esperanto: Dalito
español: Paria (casta)
euskara: Pariak
فارسی: دالیت
suomi: Dalit
galego: Dalit
ગુજરાતી: દલિત
עברית: דלית
हिन्दी: दलित
magyar: Dalitok
Bahasa Indonesia: Dalit
italiano: Paria (casta)
ಕನ್ನಡ: ದಲಿತ
한국어: 달리트
Latina: Dalit
lietuvių: Neliečiamieji
latviešu: Daliti
മലയാളം: ദളിതർ
मराठी: दलित
Bahasa Melayu: Dalit
नेपाली: दलित
Nederlands: Dalit
norsk: Dalit
ਪੰਜਾਬੀ: ਦਲਿਤ
पालि: दलित
polski: Dalit
پنجابی: دلت
português: Dalit
संस्कृतम्: दलितजनः
Scots: Dalit
srpskohrvatski / српскохрватски: Dalit
Simple English: Dalit
slovenčina: Dalitovia
svenska: Dalit
தமிழ்: தலித்
తెలుగు: దళితులు
Türkçe: Dalit
українська: Парія
اردو: دلت